【人気No.1】FX自動売買口座開設数ランキング~システム別の最強ツール

自動売買システム口座数人気ランキングサムネ

2008年に始めたときはあえてマイナーなところを使って大負けしたFX名探偵タクジです。
人気が集まるのには理由がある。

この記事で分かること
  • 自動売買FX会社で人気なところ
  • 口座開設数No.1はどこなのか?
  • システム別も紹介

人気=良いもの

とは必ずそうとは限りませんが、人気が集まるのには理由があります。

自動売買システムの口座と人気

この記事では自動売買を提供しているFX会社を、口座開設数で比較して人気ランキング形式でまとめました。

その人気の理由とシステム別の口座数も紹介。

人気を軸に自動売買の実力を分析しています。

人気が集まるとお金も集まる。結果、良いシステムが提供されやすくなるサイクルが生まれます。

目次 非表示

【システム合計】FX自動売買人気ランキング

自動売買3種類を解説

自動売買のシステムは大きく分けて3タイプ。

まずはシステム別に提供している日本FX会社の合計多いまとめた人気ランキングから。

>>FX自動売買とは?システム別の詳しい解説を見る

1位:リピート型

リピート型の特徴

日本のFX会社が提供している自動売買で、一番多いのがリピート型です。

一定幅で繰り返し自動売買を行うリピート注文を元にしているので開発費しやすい。

さらにFX市場の7割を占めると言われる、上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場に強いシステムです。

小さくコツコツ稼ぐことで、勝率が高いのもリピート型の特徴だ。

リピートは誰にも大きく分けて2タイプあり、簡単設定に力を入れたものと、機能性に力を入れたものがあります。

簡単タイプなら初心者にも使いやすく、機能タイプならオタクも満足できる細かい設定が可能となります。

簡単タイプより機能タイプの方が必ずしも勝てるとは限らない。自分の性格に合わせて選ぼう。

>>二冠達成リピート系FX自動売買の詳細へ

2位:開発型

開発型の特徴

2番目に多かったのはMT4を中心とする開発型です。

初心者にはハードルが高いですが、自分で自動売買が作れるという魅力がやはり大きい。

MT4やMT5で作成するにはプログラミング技術が必要ですが、独自タイプであれば作るだけなら簡単に行えます(勝てる自動売買を作るのは難しい)

MT4

特にプロも愛用するMT4は、無料ソフトということもあって導入がしやすく、提供しているFX会社が多くなっています。

海外業者も含めれば口座数はダントツ1位ですが、日本では操作性が難しいハードルの高さがネックとなっています。

開発型は初心者が利用するのはおすすめせんぞ。

>>MT4だけじゃない開発型自動売買の詳細へ

3位:選択型

選択型の特徴

ミラートレードとAI自動売買がメインとなる選択型は3位となりました。

プログラムを選ぶだけで優秀なトレーダーの手法が真似できるミラートレードは、2010年代中盤まではリピート型と1位を争うレベルに人気があったシステムです。

しかし、取引コストの高さから人気が失速してしまいました。

今では日本でミラートレードが使えるFX会社はほとんどないんだ。

ミラートレードに代わって人気を高めているのが AI自動売買。

今までの自動売買と違い、システムが成長していく点が注目されています。

AIが未来の自動売買のメインになる可能性は十分にあります。

>>【トレンドに強い】選択型自動売買の詳細へ

【総合】FX自動売買システム口座開設数で選ぶ人気ランキング

FX会社 ツール 口座開設数
外為オンライン iサイクル2取引
リピート型
約65万
インヴァスト証券 トライオートFX
3タイプ
約56万
みんなのFX みんなのシストレ
2タイプ
約48万
マネーパートナーズ 連続予約注文
リピート型
約35万
マネースクエア トラリピ
リピート型
約34万
FXブロードネット トラッキング
トレード
リピート型
約22万
FXプライム byGMO ちょいトレFX
2タイプ
約21万
FXTF MT4
プログラム型
約10万
インヴァスト証券 マイメイト
AI型
単体で約3万

続きましては、個別の口座開設数ランキングベスト3です。

65万口座超え『外為オンライン iサイクル2取引』

外為オンライン『iサイクル2』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.9銭 1.9銭 3.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 26種類

口座数1位を独走中
  • 全体でも業界3位
  • 2014年登場で一気に伸びた
  • 圧倒的勝率のリピート型

2014年からと元祖自動売買のトラリピの2006年と比べるとかなり登場は遅いですが、1位を独走しているのが外為オンラインのiサイクル2取引です。

口座数の多さは裁量トレードのみのFX会社を加えても業界3位の圧倒的数字。

その人気の秘密は、全自動売買は弱点である相場の変化をトレンド自動追従機能でリスクを減らし、視聴率90%超えを連発しているから。

公式が発表している実績でも圧倒的1位となっています。

数字の説得力は大きいと感じさせる結果だ。

\勝率99.62%も達成した自動売買/
外為オンライン『iサイクル2取引』の詳細へ

56万口座超え『インヴァスト証券 トライオートFX』

インヴァスト証券『トライオートFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 17種類

シストレの王様
  • インヴァスト証券は様々な自動売買を提供
  • 現在のメインはトライオートFX
  • 高機能なリピート型

2010年代前半からシストレの王者として君臨しているのがインヴァスト証券です。

インヴァスト証券は今までに複数の自動売買を提供。

システム開発にかけた費用は間違いなくNo.1でしょう。

終了したものも含め、様々な自動売買を提供しているんだ。

現在もっとも利用者が多いのがトライオートFXです。

リピート型がメインでありながら、選択型も開発型も利用できる。

一つで三つの自動売買が行える高機能となっています。

機能性は全システムの中でもNo.1レベルじゃ。

\12戦9勝の高い勝率を実現した自動売買/
インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細へ

48万口座超え『みんなのFX みんなのシストレ』

みんなのFX『みんなのシストレ』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1.9~3銭 2.9~4.5銭 3.4~5銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 31種類

令和のミラートレード
  • 今では珍しいミラートレードが使える
  • 令和の時代に合わせて進化
  • 他の自動売買も利用できる

2014年から始まったみんなのシストレは、令和では珍しいミラートレードが行えます。

日本人に合わせた取引画面とSNS要素を入れる。

選ぶだけで結果を出しているトレーダーのマネができる選択型の良さはそのままに。

時代に合わせたカスタマイズが生き残っている要因でしょう。

ミラートレード業者の多くは海外要素が強く、そこを敬遠する人が多かったんだ。

またみんなのシストレでは、サブとしてリピート型とAI 型の自動売買も行うことができます。

システムの種類ではインヴァスト証券に迫るナンバー2的な存在です。

もともとは裁量に力を入れてましたが、みんなのシストレの登場と共に自動売買に力を入れてきました。

\ミラートレード&ニュース自動売買/
みんなのFX『みんなのシストレ』の詳細へ

【高機能タイプ】リピート型自動売買の口座開設数で選ぶ人気ランキング

ソフト名 通貨 コスト 設定 発注 特徴
iサイクル2取引 26 29円 トレンド自動
追従機能あり
トライ
オートFX
17 23円 自動売買が
3つ使える
ループイフダン 20 20円 一括で数百の
注文ができる
トラッキング
トレード
24 22円 独自設定あり
トラリピ 16 40円 有名トレーダー
の利用者が多い
みんなの
リピート注文
13 30円 × 自動売買が
3つ使える
連続予約注文 21 0~3円 × 最大20回の
制限あり

ここからはシステムごとの口座開設数ランキングを。まずは高機能タイプのリピート型です。

65万口座超え『外為オンライン iサイクル2取引』

外為オンライン『iサイクル2』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.9銭 1.9銭 3.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 26種類

勝率の怪物
  • 勝率90%超えを連発
  • 他にないトレンド自動追従機能
  • 簡単&高機能どちらの方法でも設定可能

リピート型だけでなく、全自動売買システムの中で勝率で選ぶのがあれば、ダントツで外為オンラインのiサイクル2取引です。

論より証拠の公式が発表している数字がえげつない。

※外為オンライン自動売買2017年1月~2021年4月のデータ

資金 勝率
1万未満 30.29%
5万未満 43.58%
10万未満 61.15%
50万未満 75.92%
100万未満 83.96%
100万以上 90.75%

集計する時期によって数字は変わりますが、一番成績がいい100万円以上の運用では勝率90%越えを連発。

これは他の自動売買の公式発表を軽く超えるレベルとなっています。

口座数No.1も納得の他を寄せ付けない成績だ。

\勝率99.62%も達成した自動売買/
外為オンライン『iサイクル2取引』の詳細へ

56万口座超え『インヴァスト証券 トライオートFX』

インヴァスト証券『トライオートFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 17種類

機能性ならNo.1
  • 細かい設定も行える
  • 簡単設定のバリエーションも豊富
  • 選択型&自動売買作成も行える

口座数では負けますが、機能性だったらiサイクル2取引を超えるのがトライオートFXです。

細かい設定が行えるのは同じですが、簡単設定はよりこちらの方が充実しています。

例えばメインのレンジ相場だけでなく、高金利通貨のスワップポイントを狙った自動売買も行えます。

簡単設定でも様々な戦略のトレードが行るんじゃ。

それに加えて一部の選択型と開発型も利用できる。

特に開発型は、2種類の方法で自動売買が簡単に作れます。

よりこだわりの設定ができるシステムです。

\12戦9勝の高い勝率を実現した自動売買/
インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細へ

34万口座超え『マネースクエア トラリピ』

トラリピ公式

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
3~4銭 4~5銭 6~7銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 16種類

元祖自動売買
  • 2006年からサービス開始
  • 特許取得の高機能
  • 有名トレーダーの利用者も多い

2006年から歴史が始まったトラリピは、有名トレーダーの利用者も多い元祖自動売買です。

元祖でありながら細かい設定が行える高機能。

簡単設定は弱いですが、手動設定においては後発組にも負けないレベルとなっています。

また億トレーダーなど成果を出している人もいるので、参考にできる情報が多いのもメリットです。

成功者の情報やデータは自分が稼ぐためにも役立つんだ。

\自動売買で億り人も狙える/
マネースクエア『トラリピ』の詳細へ

簡単タイプのリピート型の人気システム・ツール

ソフト名 通貨 コスト 設定 発注 特徴
iサイクル2取引 26 29円 トレンド自動
追従機能あり
トライ
オートFX
17 23円 自動売買が
3つ使える
ループイフダン 20 20円 一括で数百の
注文ができる
トラッキング
トレード
24 22円 独自設定あり
トラリピ 16 40円 有名トレーダー
の利用者が多い
みんなの
リピート注文
13 30円 × 自動売買が
3つ使える
連続予約注文 21 0~3円 × 最大20回の
制限あり

こちらでは、簡単タイプのリピート型の口座開設数で順位付け。

35万口座超え『マネーパートナーズ 連続予約注文』

マネーパートナーズ

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0~0.3銭 0~0.4銭 0~0.7銭
取引ツール スワップ 通貨ペア
〇 × 21種類

スプレッド最狭
  • スプレッド0銭~
  • 自動売買はもちろん、裁量でも最狭水準
  • 連続予約注文で簡易自動売買が行える

スプレッド0銭からのマネパでは、連続予約注文を使って自動売買も行えます。

しかも別に取引コストもかかることなく、自動売買No.1の安さが魅力。

ただし最大20回までという制限が付きます。

手間を我慢すれば、最狭の自動売買じゃ。

\スプレッド0銭&自動売買もOK/
マネーパートナーズの詳しい解説へ

22万口座超え『FXブロードネット トラッキングトレード』

トラッキングトレード

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 24種類

外為オンラインと同じシステム
  • 名称は違うがiサイクル2取引
  • 一部の機能が使えない
  • 簡単設定はこちらが充実

名称は違いますが、システムは外為オンラインのiサイクル2取引を使っているのがトラッキングトレードです。

そのため、トラッキングトレードも85%を超える高い利益実績を叩き出しています。

でも、同じシステムなのになぜ数字が違うの?

これについては明言されてませんが、トレンド自動追従機能や一部の注文方法が使えないなど、借りている分、機能が制限されているからじゃないでしょうか。

機能が落ちる分はガチンコバトル!という独自の企画を行うことによって、簡単設定の方をより充実させています。

またスプレッドもトラッキングトレードの方が狭いんだ。

\驚異の自動売買の利益実績86.8%/
FXブロードネット『トラッキングトレード』の詳細へ

口座数不明『アイネット証券 ループイフダン』

アイネット証券『ループイフダン』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
2銭 3銭 5銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 20種類

シンプル特化型
  • 厳選された簡単設定のみ
  • 選択肢を減らして迷いをなくす
  • 結果も出している

アイネット証券のループイフダンは、他のリピート型違って細かい指導設定は行えます。

簡単設定の方も数はそう多くありません。

けれど勝っている。

機能がシンプルでも勝つことはできるんだ。

選択肢を減らすことによって初心者に使いやすく、迷いをなくすことで勝率を上げる。

高機能自動売買とは全く逆のアプローチとなっています。

かける時間を減らして結果を求める人向けです。

\裁量の150倍超えのチャンスを狙う/
アイネット証券『ループイフダン』の詳細へ

口座数不明『ひまわり証券 ループ・イフダン』

ひまわり証券ループイフダン

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
2銭 3銭 5銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 24種類

アイネット証券とまったく同じ
  • システムは同じループ・イフダン
  • 取引環境もほぼ互角
  • サポートが少し上

ループ・イフダンと中間点がある以外は、アイネット証券のものと全く同じシステムです。

同じグループ会社だから実現できたこの形。

環境もほぼ互角なので好みで選んで問題ありません。

ちなみに日本初のFX会社はひまわり証券じゃ。

\利益実績75.79%の安定の自動売買/
ひまわり証券『ループ・イフダン』の公式サイトへ

【MT4&MT5】開発型自動売買の口座開設数ランキング

FX会社 ソフト名 コスト メリット
FXTF MT4 3円~ 日本最狭水準
スプレッド
トライ
オートFX
独自型 23円 リピート型と
選択型も使える
ちょいトレ
FX
独自型 10円 選択型も使える
オアンダ
ジャパン
MT4&MT5 3~12円 オリジナル
分析ツールあり
楽天証券 MT4 5円 大手証券口座で
唯一MT4が使える

開発型の中でもMT4とMT5に絞った口座数ランキングです。

10万口座超え『FXTF MT4』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.1銭 0.3銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
2円~ 1000通貨 30種類

MT4最強の取引環境
  • MT4ではトップクラスの口座数
  • 日本の中で最狭水準のスプレッド
  • MT5は使えない

ゴールデンウェイ・ジャパン(略称・FXTF)は、MT4が利用できる日本のFX会社の中ではトップクラスとなる10万口座超え。

その最大のメリットは、自動売買のみならず業界全体でも最狭水準のスプレッドでしょう。

MT5は使えませんが、MT4を使うなら他とは比べものにならない圧倒的な取引環境です。

裁量トレードを行うにも問題ないスプレッドの狭さだ。

\日本FX会社No.1水準のスプレッドの狭さ/
FXTF『MT4』の詳細はコチラ

世界で18万口座超え(日本では不明)『アヴァトレード・ジャパン MT4&MT5』

AVAの公式サイト

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1.2銭 1.9銭 3銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 55種類

自動売買に力を入れた海外系
  • MT4もMT5も使える
  • 二つをサポートする自動売買システムもあり
  • MT5に力を入れている

アヴァトレード・ジャパンの名称通り海外業者の日本支店。

海外業者らしくMT4とMT5に力を入れており、それをサポートする自動売買システムもあり。

特にMT 5のほうに力を入れていて、MT 4よりスプレッドが狭くなっています。

が、日本ではMT 5の人気はイマイチと、世界では18万口座超えも日本だけではかなり苦戦している模様です。

公式サイトやサービスなど、日本向けにできていないよくあるもったいない海外業者です。

\MT4もMT5も取引環境が充実/
アヴァトレード・ジャパンの公式サイトへ

口座数不明『OANDA JAPAN MT4&MT5』

オアンダジャパン

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3~1.2銭 0.4~1.3銭 0.9~2.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 40種類

世界9拠点の海外業者
  • MT4とMT5が使える
  • MT5は一番スプレッドが狭い
  • 情報や分析環境が業界トップクラス

オアンダジャパンもその通り世界9拠点に展開する海外業者です。

MT4とMT5が使えますが、OANDAはMT5に関してはスプレッドが一番有利な業者となっています。

口座数は不明ですが、MT5の取引環境的はアヴァトレード・ジャパンを超える形。

また、世界9拠点から集められる情報と分析ツールも業界トップクラスです。

中身はいいだけに、日本向けじゃない公式サイトなどアピールで損している業者じゃ。

\MT4もMT5も使える/
OANDA JAPAN『MT4&MT5』の公式サイトへ

>>【最強対決】MT4とMT5の違いを徹底比較へ

独自タイプの開発型の人気システム・ツール

独自タイプはMT4やMT5よりも簡単に自動売買を作ることができます。

56万口座超え『インヴァスト証券 トライオートFX』

トライオートFXの自動売買作成

2種類の方法で自動売買が作れる
  • 設定を細かくイジれるビルダー
  • チャートで直感的に作れる
  • 他の人が公開した自動売買も使える

リピート型がメインのトライオートFXですが、自分で自動売買は作ることもできます。しかも2種類の方法で。

トライオートFXのビルダー

1つ目のビルダーでは設定やロジックを細かく決めながら作ることができる。

元から提供されている自動売買をカスタムすることもできます。

トライオートFXのチャートリメイク

2つ目のチャートリメイクではチャートから直感的に自動売買が作れます。

ビルダーよりもさらに簡単に作成できるのが魅力です。

勝てる自動売買を作るためのシミュレーションも行うことができる。

>>トライオートFXの自動売買の詳しい作り方へ

21万口座超え『FXプライム byGMO ちょいトレFX』

ちょいトレFXの自動売買を作る

簡単に作れる
  • 設定を選ぶだけで自動売買が作れる
  • あらかじめ作成されたものも選ぶだけ
  • 取引コストも安い

FXプライム byGMOのちょいトレFXは、自動売買作成系ではトップクラスに簡単なのが魅力です。

テクニカル指標から選ぶだけ。

取引コストも安く、最も利用しやすい開発型です。

作るのは簡単だが、勝てる自動売買を作るのはやはり難しい。

>>ちょいトレFXの自動売買の詳しい作り方へ

1年で3万口座超え『インヴァスト証券 マイメイト』

マイメイトのエージェント作成法

作れるAI自動売買
  • エージェントという名のAIが自動売買を行う
  • エージェントの作成もできる
  • 5ステップで完成

インヴァスト証券が提供するもう一つの自動売買マイメイトは、AIがトレードを行うものです。

エージェントと呼ばれる AIは一から作ることも可能。

  • 通貨ペアを選ぶ
  • テクニカル指標を選ぶ
  • ニュースを選ぶ
  • 教育方針を選ぶ
  • 名前を付ける

たった5ステップで完成と高性能でありながら簡単。

さらに作成した後も自主学習や育成によって進化します。

進化の伸びしろ次第ではAIがMT4を性能面でも超えるかもしれん。

>>マイメイトの自動売買の詳しい作り方へ

【ミラートレード】選択型自動売買の口座開設数ランキング

ソフト名 コスト タイプ ストラテ
ジー数
メリット
マイメイト 52円 AI AIが学習する
ちょいトレ
FX
10円 限定的
ミラトレ
開発型も使える
トライ
オートFX
23円 限定的
ミラトレ
リピート型と
開発型も使える
みんなの
シストレ
30円 ミラトレ
AI
リピート型も使える

選択型の中でも一気に数が減ったミラートレードの口座数ランキングです。

48万口座超え『みんなのFX みんなのシストレ』

みんなのFX『みんなのシストレ』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1.9~3銭 2.9~4.5銭 3.4~5銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 31種類

ミラートレードの本命
  • 本格的にミラートレードが使える
  • 時代に合わせてカスタマイズ
  • リピート型自動売買も選べる

優秀なトレーダーの手法は選ぶだけで簡単にマネできる本格的なミラートレードを、日本のFX会社で提供しているのは今ではみんなのシストレだけです。

次々とサービスを停止する中、令和の時代も生き残っているのはSNS要素を入れるなど時代に合わせてカスタマイズしたから。

それに加えて人気のリピート型自動売買も選ぶことが出来ます。

ミラートレードならみんなのシストレ一択と言っても過言ではありません。

ミラートレードの弱点と言われるコストも抑えています。

\ミラートレード&ニュース自動売買/
みんなのFX『みんなのシストレ』の詳細へ

21万口座超え『FXプライム byGMO ちょいトレFX』

FXプライム byGMO『ちょいトレFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1銭 3銭 3銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 14種類

簡略化ミラートレード
  • 自動売買の数を厳選
  • 最短2クリックで取引開始
  • 自動売買も作れる

ちょいトレFXはストラテジー(売買戦略)をFXプライムがあえて厳選しています。

ミラートレードの問題となっていた質の悪いストラテジーを排除することで、一定の質をキープしています。

さらに数を絞ったことで選ぶ時の労力も減らす。

簡略版のミラートレードといった存在です。

選択型の中でもさらに初心者に使いやすいタイプだ。

\簡単さと高機能を両立した選択型自動売買/
FXプライム byGMO『ちょいトレFX』の詳細へ

一部使える『インヴァスト証券 トライオートFX』

トライオートFXのビルダーズシェア

自動売買をシェアできる
  • 自動売買を作れる
  • それをシェアできる
  • 有名トレーダーや会社が作ったものも

インヴァスト証券が提供するトライオートFXは、リピート系自動売買がメインでありながら、自動売買を作ることもでき、さらにそれをシェアすることもできます。

口座数はインヴァスト証券が1位ですが、まだシェア数が少ないサブ的な立ち位置なので順位は下にしています。

これによって他のトレーダーがシェアしたシステムも使えるため、ミラートレードに近い形の自動売買が行えます。

一般トレーダーだけでなく、有名トレーダーや会社が作成したものもシェアされるなど、質の良いシステムも隠れています。

新たな形のミラートレードになるかもしれない。

>>トライオートFXのビルダーズシェアの詳しい解説へ

AIタイプの選択型の人気システム・ツール

ソフト名 コスト タイプ ストラテ
ジー数
メリット
マイメイト 52円 AI AIが学習する
ちょいトレ
FX
10円 限定的
ミラトレ
開発型も使える
トライ
オートFX
23円 限定的
ミラトレ
リピート型と
開発型も使える
みんなの
シストレ
30円 ミラトレ
AI
リピート型も使える

選択型の中でもAI自動売買に絞った口座数ランキングです。

1年で3万口座超え『インヴァスト証券 マイメイト』

インヴァスト証券『マイメイト』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
3~5.2銭 4~5.2銭 5~5.9銭
手数料 取引単位 通貨ペア
なし 5000通貨 16種類

新時代の自動売買
  • AIが自動売買を行う
  • AIは育成で進化する
  • 一から作成することも可能

トライオートFXという高性能な自動売買を提供しているインヴァスト証券が、2022年に新しいシステムを提供しました。

それがエージェントと呼ばれるAIが自動売買を行うマイメイトです。

AIは自主学習と育成で進化していく…今までの自動売買ではなかった要素が追加されました。

学習精度によっては選択型はもちろん、これからの自動売買は全てAIになる可能性すらあるポテンシャルを感じさせます。

自動売買のターニングポイントになるかもしれない。

\AIが進化していく自動売買/
インヴァスト証券『マイメイト』の詳細へ

総合48万口座超え『みんなのFX テキストマイニングAI』

みんなのシストレのテキストマイニング

業界初のAIを導入
  • 為替ニュースを元に自動売買
  • マイメイトとはまた違うアプローチ
  • 取引できる通貨ペアは少ない

みんなのシストレでは、為替ニュースを元にしたテキストマイニングAIという自動売買も行うことができます。

総合口座数はマイメイトを超えますが、あくまでみんなのシストレのサブ的な立ち位置なので順位を下にしています。

マイメイト買ってテクニカル分析も含めている一方、テキストマイニングでは為替ニュースというファンダメンタルズ分析メイン。

こちらは進化しませんが、マイメイトとはまた違うAI 自動売買が行います。

こちらもAIという未来を感じさせるシステムなだけに、取引できる通貨ペアが少ないのがざんねんじゃ。

>>テキストマイニングAIの詳しい解説へ

FX名探偵タクジが選ぶおすすめ最強ツール・システム

自動売買トレンド変化と放置で大負け

ここでは、自動売買でも大勝ち&大負けしたFX名探偵タクジの体験談から、おすすめのシステムを紹介します。

結論から先に言うと、一番おすすめなのはリピート型、次におすすめなのAI自動売買です。

その理由と、それぞれのメリット・デメリットについて簡単に解説します。

>>FX名探偵タクジの失敗と成功の体験談を見る

リピート型は勝率が高く手堅い

リピート型自動売買の勝率

リピート型を一番おすすめする理由は勝率が高く安定しているからです。

リピート型はレンジ相場で小さくコツコツと稼ぐスタイルなので、大きくは勝てないデメリットありますが、大きく負けないメリットがあります。

公式が発表している勝率と実績でもリピート型が圧倒的です。

FXではまず退場しないことが重要。勝率が高いリピート型は初心者とも相性がいいです。

>>自動売買システム勝率ランキングを見る

選択型の弱点をカバーできるAI

選択型自動売買が少ない理由

選択型のメリットはリピート型以上に簡単な上に、裁量トレードのような爆発力もあることです。

が、一方で開発費がかかるため取引コストは一番高く、負けるときは大損するデメリットも。

ミラートレードの人気が低下したのは、このリターンとリスクのバランスがリピート型と比べる大きすぎたのが原因でしょう。

そこに新たに現れたのがAI が自動売買を行う選択型だ。

AIとミラートレードの一番大きな違いは学習によって進化すること。

進化によって選択型のコストは減らせないまでも、大負けするリスクを減らすことができるかもしれません。

大負けするリスクがなくなった選択型ならリピート型以上と言っても過言ではありません。

MT4など開発型は難しすぎる

MT4で自動売買を作る

MT4やMT5は自動売買が作れるだけでなく、分析チャートとしても高機能です。

メリットもすごいですが、プログラミング技術がないと自動売買作成は出来ないというデメリットも大きいのでおすすめしません。

独自型なら作るのは簡単ですが、勝てる自動売買を作るには裁量トレードと同じく相場の未来を読むセンスが必要となってきます。

開発型に時間をかけるなら、他の自動売買や裁量トレードに時間をかけた方が成果が出るのでおすすめしません。

>>MT4自動売買は使いこなせば最強の詳細を見る

よくある質問

口座数最強のシステムはリピート型
そうです。特に高機能なリピート型の人気が高いです。
一番口座数が少ないのは?
日本ではMT4やMT5の開発型です。ただし、海外での人気は高いです。
一番勝率が高いのは?
公式が発表しているデータではリピート型です。
一番利益が大きいのは?
こちらも公式データでは選択型です。ただし、リスクも大きいです。
AI自動売買はこれから伸びる?
AIの可能性を考えたら伸びると思います。

【システム別】FX自動売買人気ランキング~口座開設数No.1の最強ツールまとめ

口座数No.1は合計でも個別でもリピート型。2022年から急上昇しているのは選択型のAIです。

口座開設数ランキングをまとめると、口座開設数が多いシステムは人気も高いです。

一番人気が高いリピート型は、口座数だけじゃなく勝率でもNo.1と結果を出しています。

必ずしも人気=良いものではありませんが、少なくともFXでは結果を出しているシステムが人気を集めるのは間違いありません。

自動売買システムを人気で選ぶ

勝率ではリピート型が強い一方、利益の大きさでは選択型が強い(リスクも大きいですが)

投資スタイルと性格に合わせて、リピート型と選択型のシステムを使い分けるのが、自動売買のかしこい使い方です。

システム選びに知っておきたいこと
  • 口座数が多いところはやはり人気も高い
  • 人気が高いところは結果も出している
  • 口座数No.1はリピート型
  • 公式データの勝率No.1もリピート型
  • リターン&リスクのどちらも大きいのが選択型

自動売買用のFX会社選びは以下の記事にまとめています。

>>自動売買におすすめのFX会社比較ランキングを見る