FX名探偵タクジの天国と地獄な体験談~裁量の失敗と自動売買の成功

FX名探偵タクジのプロフサムネ

FXを始めたのは2008年。そこから大成功から大失敗まで経験したFX名探偵タクジです。

【この記事で分かること】
  1. FX名探偵タクジのプロフィールと体験談
  2. 成功から大成功のFX天国コース
  3. 失敗から大爆死のFX地獄コース

ここでは、初心者時代から現在までのFX体験談を漫画で解説。

プロフィール紹介をしながらFXの成功例と失敗談、ブログ『FXによろしく!』が生まれるまでをまとめました。

最高記録は一週間で300万円の勝ち。ワースト記録は一週間で350万円の負けです。

目次 非表示

給料安すぎブラック企業なので副業を始めたい

FX名探偵タクジのブラック企業編

初めて正社員として就職した会社は、1日12時間・週6日労働。

残業代なし・ボーナスなし・休日出勤手当などもなしで、東京で手取り16万円。

そんなブラックな環境に疑問を持ちつつも、

これが当たり前だから!正社員になれるだけありがたいと思わないと!

とブラック社員に言われても、経験が浅い若い頃の自分は、『そうなのかな?』と思っていましたが、今だったら、

うるせえええぇぇぇーーー!!!

と、絶対に1日で辞める自信があります。

時間なさすぎのブラック企業なので副業をやる暇がない

名探偵タクジの会社辞める編

副業を始める!と意気込んでみても、週6日の1日12時間労働。さらに、忙しい時期は週7日労働が一ヶ月続くブラック環境がそれを邪魔する。

平日は帰ったらご飯食べて寝るだけ。

たまにある休みも身体も心も疲れ切って、昼まで寝てることがほとんどでした。

結論!

ブラック企業で働いていたら、副業はできない!

ブラック企業やめたら自由だけど収入がなくて焦る

名探偵タクジの会社辞めた後編

ブラックな環境から脱出したら、圧倒的な時間の自由がありました。

けど、東京で手取り16万円の低賃金のブラック企業だったため、ほとんど休む暇なく、副業を探すハメになりました。

失業保険が貰える3ヶ月(職業訓練を受ければもっと伸びるらしい)の間に副業で結果を出す必要に迫られました。

低賃金のブラック企業でいくら働いても貯金は増えない。失業保険を使ってさっさと脱出しよう

数ある副業の中からFXを選んでみた

FX名探偵タクジの副業選び編

本を読みまくって見つけた副業は、

ブログ・せどり・Webライター・オークション・ドロップシッピング・ネットショップ・プログラミング・株・FX・投資信託・不動産投資など(2008年時点)

令和の現在なら、ここにYouTube・動画編集・ハンドメイドなども加わる

その中からFXを選んだのは、一番面倒な準備がなく始められそうで、大きく稼げそうに見えたからです。

投資素人が大きく稼ごうと思った時点で、失敗の確率は無限大

チキンなのでまずはデモトレードで試してみる

名探偵タクジのデモトレード編

始める副業はFXに決め、本を10冊以上読み漁り、口座開設して入金もしたけど、いざ取引しようとするとびびって注文を出せない。

チキンにいきなりお金をかけた勝負は怖すぎるのです。

そんな時に役立つのが無料でできるデモトレードなのです。

実際のお金がかかった緊張はないけど、FX会社の取引ツールやチャート分析などが試せます。

操作を覚えておくだけでも、注文を間違えていきなり損失という事態は防げます。

デモトレードで稼ぎまくり調子に乗る

名探偵タクジのデモ連勝編

さっそくデモトレードをやってみたら、なんと連勝街道ばく進で気付けばトータルの利益は100万超え。

俺、天才なんじゃね

振り返ってみれば、この勘違いが地獄の始まりでした。

実際のお金がかからないデモトレードと、自分のお金がかかっている本番取引では緊張感がまるで違うとは、このときは全く気付いてなかったのですから。

本格取引は初心者あるあるのビギナーズラック

名探偵タクジの本番でも成功編

少額&低レバレッジで始めた本番取引も続けて絶好調。

デモトレードのときからビギナーズラックが止まりません。

少額投資なのに気付けば、本番でも利益が10万円を超えていた…。

これで資金とレバレッジを上げたらどうなるんだ?

もはや完全に負けルートに突入しちゃってました。

高レバレッジの結果、1時間で3万円の利益

名探偵タクジの高レバレッジの入り口編

最初に挑戦したのは20倍、令和の今だったら限界ギリギリの高レバレッジですね。

2008年当時でも、

ベテラントレーダーでも10倍以上のレバレッジは危険!

と言われていたのに、それを無視して挑戦。

が、それでも勝っちゃったから、さらに調子ノリモードが続いていくわけです。

さらに三連勝で完全に我を忘れる

普通ならここでビギナーズラックが終わって、ドカーン!と負けて我に返るのがよくあるパターンですが、僕はここからさらに三連勝!

もはや天才を超えて、投資の神なのかもしれない…

本気でこんなことを思っていたりしたので、周りからは『調子ノリ過ぎ!』と言われていました。

しかし、本当に調子に乗っているときはそんな言葉さえ届かないものです。

今は禁止されているレバレッジ100倍で勝負

ついに禁断の

レバレッジ100倍だー!!

気持ち的にはドラゴンボールの界王拳100倍だー!の気分です。

ちなみに最大レバレッジは2010年に規制が入り、今では25倍までしか上げられません。

レバレッジ100倍は規制が入るほど、危険な領域ということです。

レバレッジ100倍で10勝2敗、一週間で300万円も稼ぐ

レバレッジ100倍でそこそこの金額で取引すると、デイトレードで1回勝つだけで10万・20万・30万と一気に勝てる!

結果、たった一週間でブラック企業で働いていた時の年収を超える300万円の利益。

2回負けましたが、その前の6連勝で荒稼ぎしていたこともあって、負けたときも大きくお金が減るというリスクにはこの時は気付けませんでした。

高レバレッジで勝つと普通に働くのがバカバカしくなるほど金銭感覚がマヒする。そりゃ規制されますわ

年収1000万超えを妄想し、税金対策を考える

FXの取引ができない週末は、勝っているときは妄想が膨らむもの。

この調子で勝てば今月だけで利益1000万円(負けることは考えない)税金対策に会社設立した方がいいかも

ちなみに、今では株式投資などと同じくFXの税金も一律20%ですが、2008年当時は今の仮想通貨と同じく雑所得扱いで最高税率55%でした。

会社を設立して、20%ちょっとの法人税に減らそうという作戦ですね。

歯車が狂ったブラック企業からの電話

週末明けの月曜日もFXは好調だったのですが、辞めたブラック企業から電話がかかってきて運命が変わった。

仕事の引継ぎで質問があるので、すぐ会社来てください。

というか、仕事の引継ぎなら電話で済ませばいいのに…しかも、すぐ来いってどこまでブラックなのか⁉

でも一番後悔しているのは、そんな会社のお願いを引き受けて出社した自分です。

会社から戻ってみたら強制ロスカット

名探偵タクジのロスカット編

出かける前は3万ちょっと勝っていたドル/円のポジションが、会社から戻ってきたら急落して強制ロスカット…。

しかも、下がる前にいつもの利益確定幅まで上がっていたので、会社からの電話がなかったら勝っていたのに…。

こちらの都合お構いなしの急な呼び出しのせいで…ブラック企業許すまじーーー!!!

まあ、一番悪いのは出かけるのに高レバレッジのポジションを決済しなかった自分ですが。

高レバレッジでは一瞬の油断が命取りになるぞ

3連敗で心の余裕をなくす

FX名探偵タクジの連敗編

とはいえ、このときはまだ300万近く先週の利益が残っていたので、まだ心に余裕がありました。

しかし、ブラック企業の呪いなのか?トレードを再開するも2連敗、ロスカットと合わせて3連敗。

損失が100万円を超えて、ついに心の余裕がなくなってしまいました。

勝ちパターンがない初心者が、FXで勝ち続けるのは基本無理じゃぞ

FX失敗のよくあるパターン、ポンド/円で取り返そうとしてさらに爆死

負けた損失をすぐに取り返そうとして焦る。

初心者に限らず、ベテランのトレーダーでも陥ることがあるFXのよくある失敗です。

そして、値動きの激しい英ポンド/円で一気に勝ちを狙う…もはや負ける要素しかありません。

冷静な判断力がなくなったら勝てるトレードも勝てません。

気付いたときには2勝8敗で今度は一週間で350万円負ける

名探偵タクジの大敗編

気付いたときには一週間で350万円も負けてました…。

先週の300万の勝ちを差し引いてもトータルでマイナス50万円。

一部の生活費を残して、ブラック企業時代のなけなしの貯金を溶かすことになりました。

負けを取り返そうと焦ってトレードしちゃダメ、ゼッタイ

一週間の放心状態

名探偵タクジの放心編

あれから一週間、なんにもする気が起きずに方針状態でずっと部屋に籠ってました。

が、生活費がないから、ずっとこのままというわけにはいかない。

僕は大丈夫でしたが、人によっては変な気を起こしてもおかしくない絶望感がありました…。

FXは余剰資金で。生活費まで賭けるのはダメ、ゼッタイ

生活費を稼ぐためにブログを始める

名探偵タクジのブログ編

FXでお金がなくなったけど、ブラック企業のトラウマで会社員務めには戻りたくない…。

そんなときに思いついたのが、副業探しのときに見つけたブログです。

ブログはFXと違って、ほとんど初期費用やお金をかけずに始めることができるのが大きかったです。

ただ、教えてくれる人が見つかっても、稼げるようになるまで半年かかり、その間はアルバイトで生活費を稼いだりしていたので、すぐに稼ぎたい人にはおすすめしません。

ブログの方も色々とドラマがあったけど、FXとは関係ないのでまた別のお話。

ブログが当たってFX再開

名探偵のFXリベンジ編

FXとはまた違う大変さでブログが成功し、フリーランスでもなんとか生活費は稼げるようになりました。

ここで僕が思ったことは、

よし!次はFXにリベンジだ!

そのままブログに集中しておけばいいのに、負けっぱなしは嫌だ!という負けず嫌いな性格が、さらなるFXの失敗を引き寄せるとも知らずに…。

ただし、投資で成功するにはあきらめないで続けることも大事なんだ。

南アフリカランドのスワップ狙いの長期投資で再び敗北

名探偵タクジのスワップ狙い

資金に余裕ができたので再びFXを再開したい。

しかし、前にデイトレードやスキャルピングで負けたときのトラウマと、ブログが忙しいので前のようにPCの前に張り付けない…。

じゃあ、スワップポイント狙いの長期投資をすればいいじゃない

2010年代前半の頃は南アフリカランドの政策金利が10%を超えていて、スワップも今よりガンガン狙えました。

デイトレードやスキャルピングのときみたいにレバレッジ100倍とかにしなくても、ある程度の資金とレバレッジをかければスワップだけで1日1000円超えは狙える!

そう思って始めたのが運の尽きでした…。

ガンガン稼いでくれるので油断して放置していたら、1ヶ月ほどしたら南アフリカランドの暴落でまたしても強制ロスカットされたのです。

スワップ狙いのときはレバレッジはかけずに1倍にするのが基本じゃ。

手堅く稼ぐスイングトレードと出会う

名探偵タクジのスイングトレードを知る

短期売買でもスワップ狙いの長期トレードでもダメ。

もうFXはやめようかな?と思っていたときに教えてもらったのがスイングトレードのやり方です。

為替相場は、2022年のドル/円みたいに一方的な方向に動く方が珍しく、基本はある一定のラインで上がり下がりを繰り返しているもの。

その上がり切った高値付近にきたら売って、下がり切った底値付近にきたら買うというのが教えてもらった手法です。

このやり方だとデイトレードやスキャルピングと比べると取引回数は激減しますが、勝率は高く手堅い運用が行えました。

ただし、予想以上に予想を超えて上がることも下がることもたまにあるので、損切りは必ず入れなけばいけません。

年数回のスイングトレードでは物足りない

名探偵タクジのスイングトレード物足りない

スイングトレードではたしかに結果が出た。

けれど、底値で買って高値で売るスイングトレードのやり方だと、年数回しか取引できないので、基本やることがなくて暇なんですよね。

ポジポジ病じゃないけれど、もうちょっとFXに取り組みたいと思っていた時期です。

ちなみにポジポジ病とは、常にポジションを持っていないと落ち着かず、無駄な買いや売りを入れてしまう心理状態のことだよ。

ブログ×FX

名探偵タクジのFXとブログ

だったら、FXブログやればいいじゃん!

そうすれば、FXでなかなかポジションが取れない時間はブログで関わることができ、ブログ的にも新しい収入源が増える。

ちなみに、ブログに書くことでアウトプットにもつながるので、覚えた知識を深めるのにも役立ちます。

この『FXによろしく!』もこの流れから生まれた三代目のブログです。

FXに限らず、自分の得意なことや好きなことをブログに書いて稼いでいる人は想像以上に多いです。

裁量取引とは違う自動売買という選択肢

自動売買とは

FXブログは当たりでしたが、それでもやっぱりもう少し取引もしたい。

でも、年数回しか取引できないスイングトレードでは物足りないし、画面に張り付くスキャルピングやデイトレードをやる時間がない…そんなときに出会ったのが自動売買です。

自動売買なら仕事中も睡眠中でもシステムがトレードしてくれる。

存在は前から知ってましたが、僕がトレードを始めた2008年のときにはまだまとも自動売買が登場してませんでした。

FX自動売買のパイオニアといわれるインヴァスト証券でも、2011年にやっとサービスを開始したぐらいですから。

この自動売買との出会いが、トレーダーとしての転機となりました。

>>FX自動売買とは?そのメリット&デメリットを見る

FX自動売買は手間と安定性が裁量取引よりイイ

名探偵タクジの自動売買

自動売買に切り替えてから、裁量トレードのときみたいに1回の取引で大きく勝つことはなくなりましたが、大きく負けることもなくなりました。

取引回数もスワップ狙いやスイングトレードのときより圧倒的に多いのに、勝率も悪くない。

別の仕事をしながらもしっかりと相場に参戦できる、僕にとって一番理想的なトレードスタイルとなりました。

自動売買で、俺は億り人になる!

>>自動売買におすすめのFX会社比較ランキングへ

やれやれ、また調子に乗って負けるパターンだ。

自動売買でも赤字40万を出してしまう

自動売買でも大負け

二度あることは三度ある。FX名探偵タクジはすぐに調子に乗る。

一ヶ月ぐらい調子がいいからと自動売買を放っておいたら、いつのまにかまたまたロスカットされてました⁉

自動売買は急なトレンドの変化に弱く、放置している間に逆張りのポジションを取りまくり。

シンプルな自動売買はトレンドが変化すると逆張りになる。自動追従機能があるタイプもすぐには対応してくれない。

それがことごとく損失を抱えて、最終的に赤字40万となってしまいました。

自動売買でも放置はダメ、ゼッタイ。

>>【裁量VS自動売買】大損しないための対策法を見る

FXでも株や投資信託のような資産運用はできる

FX自動売買なら資産運用も可能

裁量取引よりも安定性が高い自動売買ですが、放置すると痛い目に遭う。

さらに、円安が止まらない・ドル/円は暴騰&暴落を繰り返すチャートが忙しい市場では、なかなか安定して稼ぐことはできません。

自動売買でも安定した稼ぐことはできないのか?

そう思っていたときに教えてもらったのが、FXでも株や投資信託のような資産運用ができる方法です。

裁量取引では難しい、一気にトレードができる自動売買だからできる分散投資法。

このやり方であれば、積立投資のようにコツコツと増やす中長期投資も可能となります。

株とは違うFX市場にも波がある。その波を分散投資で点ではなく面でカバーするんじゃ。

>>9割が負けるFXで自動売買で億り人になる方法へ

FX自動売買は種類によって勝率や特徴が違う

自動売買トレンド変化で大負け

裁量に続き、自動売買でも大負けしたことで、もう一度しっかりと勉強し直すことにしました。

裁量を始める前に本は読み漁りましたが、自動売買系の本とかはほとんど読んでことがなかったので。

調べて分かったFX自動売買には大きく分けて3つの種類があります。

  • リピート型、またはリピート系
  • 選択型(ミラートレード、AI系)
  • プログラム型(MT4、MT5、独自系)

リピート型はレンジに強く勝率も高いけれど、小さくコツコツと稼ぐタイプ。

選択型は選ぶ戦略によって爆発力もあるけれど、大きく負けるリスクもある。

プログラム型は自動売買が作れるけど、プログラムを組むのが難しい。

リピート型と選択型は簡単設定ができる一方、プログラム型は使いこなすのが難しい上級者向きだ。

タイプによって設定の簡単さ・勝率・リスクなどがかなり違いました。

そりゃこんな基本も知らないで勝ち続けられるわけないよね。

>>【種類別】FX自動売買の勝率ランキングを見る

進化するAI自動売買との出会い

マイメイトとは

慣れとは恐ろしいものです。

最初に自動売買と出会ったときは、

裁量トレードよりも簡単だ!

と感動していましたが、放置はダメ・リピート型は設定こだわらないといけない・種類にも気を付けなければならないと、なんだか途端に自動売買も面倒になってきました。

それでも裁量トレードよりは時間と手間はかなり節約できるのですが…。

マイメイトのエージェントを選ぶだけ

そんな2022年に登場した新たな自動売買はAIが行うインヴァスト証券の『マイメイト』

選ぶだけで始められる選択型自動売買は他にもありましたが、マイメイトはエージェントと呼ばれるAIが自動売買し、これらが自主学習や育成で進化する点が大きな違いです。

エージェントを究極まで進化させれば、夢の放置も可能なのではっ!?

そこで調子に乗るとまた痛い目に遭う。

>>進化するAI自動売買『マイメイト』の詳細を見る

つづく。