大損390万FXトレーダーが語る裁量VS自動売買【大負けの危険性を減らす対策】

FX自動売買と裁量の大損サムネ

裁量で350万、自動売買で40万大損したことがあるFX名探偵タクジです。

この記事で分かること
  • 裁量取引と自動売買はどっちがいいのか?
  • 裁量で大損するパターンとその対策法
  • 自動売買で大損するパターンとその対策法

FX初心者の9割は退場してしまう…そして、その一番の理由は大損してしまったときです。

ここでは僕の実体験も含めて、裁量トレード&自動売買の大損するパターンを紹介。

裁量と自動売買の大損

その危険性とリスク、さらにその対策法、そして裁量と自動売買どちらがおすすめかも比較していきます。

あなたにとっての最適なトレード方法が見つかります。

性格や生活スタイルによって裁量向きか自動売買向きか決まります。ちなみに僕は自動売買向きでした。

目次 非表示

【実体験】裁量トレードで350万大損したFXの危険なやり方

名探偵タクジの大敗編

2008年に初めてFXをやったときは裁量トレードから始めました。

このときにやっていたことは、難しい分析などはせずにただトレンドに乗って注文を入れていく、ただこれだけ!

普通ならこんなギャンブルみたいなトレードはすぐに負けるのですが、ビギナーズラックで連勝、調子に乗ってレバレッジ100倍(当時は可能でした)で勝負。

1週間で300万勝って歓喜した後、次の1週間で350万負けて地獄を味わいました。

高レバレッジのギャンブル的なトレードはダメ、ゼッタイ。

【実体験】FX自動売買で40万大損した危険なやり方

自動売買でも大負け

自動売買に初めて挑戦したのは裁量トレードの大敗のキズを癒してからの2010年代に入って。

自動売買でもいきなり絶好調!

裁量トレードみたいに一発でドカン!と大勝ちはできませんでしたが、コツコツ利益を積み重ねてくれます。

ずっと調子が良かったので放置してたら、トレンドの急変で逆張り注文入れまくり!?

気付いたときには自動売買でも40万の大損を喰らっていました。

自動売買でも放置はダメ、ゼッタイ。

裁量&自動売買の詳しい失敗談については、以下の記事でまとめています。

>>FX名探偵の裁量&自動売買の大成功と大失敗の体験談を見る

裁量トレードFXで大損になるパターン

自分の経験はもちろん、他のトレーダーの負け方を分析した結果、4つのパターンが浮かび上がりました。

高レバレッジで勝負する

僕もやっちゃった、高レバレッジで大ダメージを負ってしまうパターンです。

特に運用資金が少ないときは勝っても少額のため、トレードの調子がいいとついその魔力に惹かれてしまいます。

2008年当時はレバレッジ100倍は普通でしたし、令和の今でも25倍までかけることができる。

勝てば一気に増えると、リスクを忘れて、

界王拳、100倍だーーー!!!

のリターンだけ考えて使ってしまったら、それはもう投資ではなくギャンブルです。

勝ったら大きいということは、負けたら大損ということを常に忘れてはイカン。

損切りを入れない

FXの損切り

高レバレッジの次に大負けするパターンで多いのが、損切りを入れずにトレードしてしまうことです。

株と違って通貨は基本0円になることはありませんが、それでも予想とは逆に大きく動くと損失はどんどん膨らんいきます。

こちらも資金が少ないと強制ロスカットの危険性もある。

損切りなしでFXを行うのは、命綱なしで綱渡りを行うようなものです。

分かってて入れないのはもちろん、うっかり忘れただけでも痛い目に遭うこともある。

損したくない感情に負ける

損切りしたくないです

損切りしなきゃいけないと分かっているのに、損したくない気持ちに負けて損切りをせずに大負けするトレーダーも多いです。

予想とは逆に相場が動いたのに、損したくなくて損切り設定を解除してしまう

待てばそのうちに戻ってくるでしょ…

と期待して塩漬けにしてしまう…。

戻ってくればいいですが、戻ってこなければ、やはり資金が少なければ強制ロスカットされてしまう。

そして、塩漬けの最大のリスクは、その間は動かせる資金が少ないままトレードをしないといけないことです。

動かせる資金が少ないとロスカットされやすい上に、チャンスで勝負できなくなるぞ。

他のトレーダーの予想を妄信する

他のトレーダーを妄信

Twitterやインスタを始めてみて気付いたこと…

他のトレーダーの予想を妄信する人が多すぎじゃね?

SNSには相場を予想してフォロワーに教えているトレーダーが多く、それに初心者はもちろん、なかには中級トレーダーも信じてその通りにトレードしている。

テキストはもちろん画像でもイジれるので、この人たちが本当に稼いでいるか分からないのはもちろん、仮に稼いでいたとしてもこのやり方では自分の投資家としての実力は一切上がりません。

予想が当たっているときはいいですが、外れたときは一緒に負けるだけです。

信じてるトレーダーが頼れなくなったとき、自分が成長してないとその後に何もできんぞ。

裁量トレードFXで大損の危険性を減らす方法

負けるパターンを分析すると、そのリスクを減らす対処法も見えてきます。

ギャンブル的な勝負をしない

FXとギャンブル

僕もやってしまったギャンブル的な勝負は、トレーダーとして長く生き残りたいなら絶対にNGです。

ギャンブルになった時点で、勝つか負けるかは常に50%

逆に分析ができるようになって勝負すれば、100%とまではいなくても勝率70%~90%を出しているトレーダーはいます。

最初はここまでの数字は出せなくても、分析・検証・勉強・実践を繰り返せば、勝率は少しずつアップしてきます。

ギャンブル的な手法だとトレードの経験値が積み上がっていかないんだ。

レバレッジはかけない

FXレバレッジの危険性

トレーダーによってはレバレッジは最大で5倍、または10倍までOKという人もいますが、僕はレバレッジは基本的にはかけません。

自分で大失敗したという経験を踏まえて、レバレッジをかけたトレードは身の丈に合っていないと思ったから。

より大きなトレードを行いたいならより多くの資金を用意するべきで、それができないなら現時点ではそこまでの勝負をするべきではない。

今の自分の器より大きな資金を手に入れようとした時点で、それはもはやギャンブルです。

ギャンブル要素が高くなればなるほど、冷静な判断ができなくなってしまうんだ。

損切りは先に必ず入れて途中で変更しない

FX損切りの迷い

損切りを入れないということは、自分の分析や予想に自信がないと言っているのと同じです。

なぜなら、予想通りなら損切りが発動することはなく、あくまでリスクヘッジとしての役割でしかありませんから。

予想の的中率を上げるには痛みを伴う実戦を繰り返すのみ。

実戦を数多く繰り返すためにも、損切りは必ず入れる&一度入れたら動かすのはNGです。

早く段階で損切りを入れることで損失を少なくし、何度もトレードに挑戦できるようになるんじゃ。

常に資金に余裕をもたせる

※外為オンライン自動売買2017年1月~2021年4月のデータ

資金 勝率
1万未満 30.29%
5万未満 43.58%
10万未満 61.15%
50万未満 75.92%
100万未満 83.96%
100万以上 90.75%

勝率を増やしたければ、資金を増やすのが一番簡単な方法です。

上の表は外為オンライン自動売買のデータになりますが、資金1万未満では勝率30.29%ですが資金100万以上だと勝率90.75%に跳ね上がります。

他のFX会社が発表しているデータも含めて、資金は多ければ多いほど勝率は上がる。

勝っている個人トレーダーでも、資金50万円以上を推奨する人が圧倒的に多くなっています。

資金が貯まるまでトレードしない方が長い目で見たらお得そうだ。

自分の勝ちパターンを作る

FXの勝ちパターン

初心者の9割が退場し、5年間稼ぎ続けられるのも1%と厳しい世界ですが、勝ち続けている裁量トレーダーは自分の勝ちパターンを持っています。

そして、この勝ちパターンを持っている裁量トレーダーは圧倒的に強く、ギャンブルに勝った強運の人を除けば、億り人になった人はすべてこのパターンと言っても過言ではないでしょう。

勝ちパターンを持つことで勝率を上げるだけでなく、そのパターンにハマらない相場のときはポジションを取らない損失も減らすことができるのです。

勝ちパターンは攻守で活用できます。

裁量トレードFXは大勝ちも大損の危険性もあり

以上の分析を踏まえた上での裁量トレードの特徴まとめ。

スキャルピングやデイトレードの短期売買を行う人がほとんど

FXのデイトレとスキャル

中期で大きく売買利益を狙うスイングトレードやスワップポイント狙いの長期運用もありますが、裁量トレーダーの多くがスキャルかデイトレを行っています。

また、裁量トレードは自動売買と比べると人気も高い。

つまり、FXトレーダーの過半数がスキャルかデイトレを行っていて、退場する9割の初心者もスキャルかデイトレで負けたことになります。

裁量でスキャルピングやデイトレードを行うということは、FXの一番の激戦区で戦うということでもあります。

スキャルやデイトレを行う前に、自分がその激戦区で生き残れるかどうかを考えた方がいい。

最短で億り人も狙える

最短で億り人

とはいえ、裁量で短期売買を繰り返す手法は、スイング・スワップ・自動売買の他の手法に比べて爆発力があるのも確かです。

億り人になったと報告するトレーダーは有名・無名を合わせるかなりいますが、ほとんどが短期売買をメインとしているトレーダーとなっています。

激戦区ということはそれだけチャンスも多いということ。

あえてそこに飛び込むことで、負けも増えますがあきらめなければ経験値も一気に稼ぐことができます。

折れない自信があるなら裁量&短期売買で勝負じゃ。わしのようにな。

基本を徹底できるトレーダーは長く稼ぎ続けている

FXで生き残る

初心者は9割退場、5年間勝ち続けられるのが1%の厳しい裁量トレーダーの世界ですが、逆に生き残っている人の勝ち方もすごい。

億り人はもちろん、数千万単位の利益を報告している人はだいたいが裁量トレーダーですから。

激しい競争を生き抜いている裁量トレーダーは基本を守り、自らの勝ちパターンを持ち、勝率を高め、攻めはもちろん守りにも強い。

稼ぎは大きく損失は小さく、この基本を徹底的に守っているトレーダーが勝てる世界です。

ちなみに人から教えてもらった手法は、トラブル時に応用が利かないため、自分の勝ちパターンとは言えないぞ。

裁量トレードで勝つためにおすすめのFX会社ベスト3

裁量取引のメインとなるスキャルピング・デイトレードにおすすめのFX会社です。

FX取引高 世界第1位『GMOクリック証券』

GMOクリック証券

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.9銭
取引単位 スワップ 通貨ペア
1万通貨 20種類

GMOクリック証券の特徴
  • FX取引高世界第1位
  • 最安水準のスプレッド!デイトレに最適
  • 38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

※1 ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2021年12月)

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

取引高 世界第1位からもわかる通り、皆が使っているFX会社です。

FX会社選びで迷ったら、GMOクリック証券がおすすめです!

GMOクリック証券の公式サイトはコチラ

オリコンランキング 顧客満足度第1位『ヒロセ通商』

ヒロセ通商

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.4銭 0.9銭
取引単位 スワップ 通貨ペア
1000通貨 51種類

ヒロセ通商の特徴
  • オリコンランキング顧客満足度第1位
  • スプレッドが安く、低コストでトレードができる
  • 分析機能が使いやすく、為替情報が充実

ヒロセ通商の特徴は、低コストでトレードができることです。

分析機能が非常に使いやすい上に、為替情報が充実しているので、FX初心者向きのFX会社と言えます。

また、「買い時・売り時」がチャート上に表示される機能や、過去のチャートデータから未来の相場予測をする機能もあり、FX初心者でも高い精度で相場を予想してトレードができます。

ヒロセ通商の公式サイトはコチラ

スプレッド0銭『マネーパートナーズ』

マネーパートナーズ

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0銭
(1万通貨まで)
0銭
(1万通貨まで)
0銭
(5000通貨まで)
取引単位 スワップ 通貨ペア
100通貨 21種類

マネーパートナーズの特徴
  • 100通貨100円から取引可能
  • スプレッドが安く、低コストで取引ができる
  • 未来の値動きの予測や買い時・売り時がわかる「かんたんトレナビ」が有名

スプレッドが0銭(5000~1万通貨まで)100通貨(100円)から取引OK!

少額からFXができるのが特徴です。

過去のチャートデータから現在のチャートと似ている値動きをシステムが自動で探し出し、未来の値動きを予測分析する機能や売買シグナルを表示する機能など、トレードに役立つ機能が充実しています。

マネーパートナーズの公式サイトはコチラ

FX自動売買で大損になるパターン

自動売買は実体験+他の人の負けを分析した結果、6つの大損パターンが浮かびあがりました。

>>FX自動売買とは?初心者向け情報まとめを見る

資金に余裕がない

FXの証拠金

裁量以上に自動売買は資金に余裕がないと大損する確率が上がります。

その理由は、手動で設定を行うときは別として、自動売買の主流となっている簡単設定では次々と売買を発注して、手数の多さでコツコツ稼ぐのが基本だからです。

証拠金が少ないとロスカットが起こり、勝てていたトレードも負けてしまうこともあります。

自動売買は裁量以上に資金管理がポイントになるんだ。

高レバレッジになってしまっている

FX自動売買のレバレッジ

自動売買の場合はレバレッジの指定はできず、資金によって調整されます。

そのため、資金が少ないといつのまにかレバレッジが上がっていて、気付いたときにはロスカットされてしまうことも。

上でも触れた通り、自動売買は手数の多さで勝負するスタイル。

裁量トレード以上に余裕を持って、最低でも20万円、余裕を持って自動売買するなら50万円以上は欲しいところです。

自動売買では資金が少ないと勝率を下げるリスクが格段に上がるんだ。

分からないからと適当に設定する

自動売買の設定の仕方

自動売買は裁量トレード以上に設定が難しい。

特に初心者にはここのハードルが高くなっており、よく分からないからと適当に設定を行ってしまう人も多いです。

手動で行う自動売買はもちろん、簡単設定が行える自動売買でも、どんな設定が行われているか理解してから取引するようにしましょう。

分からないときはデモ口座で練習してからです。

どんなに素晴らしいシステムでも使い方が分かってなければその真価は発揮できんぞ。

トレンドの変化に対応できない

FX自動売買はトレンドの変化に弱い

裁量トレードとは違う自動売買の最大の弱点は急なトレンド変化に弱いことです。

例えば買い注文の自動売買を使っていて、急に売りトレンドになったとしてもそのまま買いを続けてしまう自動売買が多くなっています。

なかにはトレンドの変化に対応しているタイプもありますが、それでも裁量ほどはすぐに対応できません。

その間は不利な注文を入れ続けて、気付いたときには含み損を抱えたポジションばかりになってしまうことも…。

僕も勝っているからと放置していたらいつのまにかこのパターンになってました…。

放置はダメ、ゼッタイ。

そして、トレンドに対応できるよう最低1日1回はチェックしたい。

損切り設定なし

FXの損切りなしは危ない

自動売買は裁量トレード以上に損切りを気を付けないといけません。

なぜなら、裁量よりもポジションを取る数が多いからです。

その状態で仮にトレンドの急変で逆張りばかりの注文を入れてしまったら…。

損切りを入れていないと、一気に強制ロスカットの危険性もあります。

ポジション数が多くなる自動売買で損切りを入れないのは致命的だ。

詐欺ソフトを買ってしまった

裁量が他のトレーダーを妄信して失敗するのに対し、自動売買では有料ソフトを買って失敗するトレーダーが多い。

勝率96%!返金保証付き‼

などで騙されてはいけません。

法人で同じことをすれば重いペナルティを受けますが、個人なら数字や画像をイジっても簡単には詐欺として捕まらないからです。

FX会社が作った自動売買ソフトと個人で作ったものでは開発費も人材もまるで違います。

有料ソフトは詐欺と思っていい。無料のものでは後でセールスパターンが多いぞ。

FX自動売買で大損の危険性を減らす方法

大損するパターンを分析し、それを防ぐ対策法をまとめました。

自動売買だからと放置しない

FX自動売買の放置はダメ!

僕もやってしまった自動売買だからと放置していると大負けしてしまう。

トレンドを判別する・AIが投資するなど、令和の時代に入って高機能な自動売買は増えましたが、それでもまだまだ裁量トレードのように臨機応変には対応できません。

放っている間に大損をしないためにも、1日1回はチェックしましょう。

放置して資産運用したいなら、FXよりも積立NISAや投資信託の方がおすすめじゃ。

設定は常に調整する

FX自動売買の設定

放置せずに1日1回チェックするだけでもダメです。

FX市場は刻々と変化しています。

最初に理想的と思って決めた設定も、市場の変化でそうでなくなることは珍しくありません。

利益を拡大するためにも、市場の状況に合わせて微調整は常に行っていきましょう。

積立てるだけで簡単と思われがちな投資信託でも、実は定期的にリバランスと呼ばれる調整をしないといけません。

損切り設定を必ず確認する

FXの損切りを忘れない

自動売買初心者あるあるとして、気付かずに損切りを入れ忘れることが多くなっています。

自動売買には基本的な設定をやってくれる簡単設定というものがあり、初心者を中心にこの簡単設定を利用しているトレーダーが多くなっています。

が、この簡単設定に損切りが入ってないことが多い。

確認せずに簡単設定を使ったら、損切りなして自動売買をやってしまっていた…これでロスカットされてしまうこともあります。

簡単設定はお手軽だけど、よく分からずに使っていると痛い目に遭うんだ。

中長期のトレンド分析は行う

FX自動売買の分析

自動売買でも全体の流れを見る分析は必要です。

なぜなら、自動売買は逆張りではなく、順張りで数多くのポジションを取って利益を稼いでいくシステムだから。

裁量以上にトレンドの流れに乗ることが重要になってきます。

勝利をつかむためにチャートに張り付いて、テクニカル分析をバンバン行う裁量のスキャルピングやデイトレードほどではないにしろ、自動売買でもトレンドの傾向をつかむ分析は必要です。

分析でも完全放置とはいかないんだ。

勝率アップは資金で決まる

※外為オンライン自動売買2017年1月~2021年4月のデータ

資金 勝率
1万未満 30.29%
5万未満 43.58%
10万未満 61.15%
50万未満 75.92%
100万未満 83.96%
100万以上 90.75%

自動売買は裁量トレード以上に資金の多さが勝率を左右します。

それは上の外為オンラインの自動売買『iサイクル取引』の資金別の勝率を見れば一目で分かる。

一番低い1万円未満が30.29%に対し、一番高い100万円以上が90.75%の約3倍の差がありますから。

裁量よりもたくさんのポジションを取る自動売買では、資金の少なさはロスカットのされやすさとチャンスを逃すことに直結します。

勝率を高めたいのなら、100万円以上貯めてから始めるのがよさそうだ。

>>外為オンライン『iサイクル取引』の詳細を見る

投資信託のように分散投資を行う

FX自動売買なら投資信託のような資産運用も可能

自動売買では裁量ではできない投資信託のような分散投資も行うことができます。

複数の通貨ペアで複数のポジションを取ることでリスクを分散させていく。

自動売買だからこそできる戦略です。

これによって大きく稼ぐことはできませんが、投資信託のようにリスクを減らしてコツコツ利益を積み上げることができます。

自動売買で結果を出している有名トレーダーに多い手法じゃ。

>>9割が知らない自動売買で億り人になる方法を見る

FX自動売買の特徴は大勝ちより大損を防ぐ

大損パターンと対策から見えてくる自動売買の特徴まとめ。

コツコツと利益を増やしていく

FX自動売買はコツコツ稼ぐ

裁量トレードが少ないポジションで一発ガツン!とした大勝ちも狙えるのに対し、自動売買は手数の多さでリスクを抑えてコツコツと利益を増やしていくタイプです。

裁量がライフルなら自動売買は散弾銃。

また、スキャルピングやデイトレードと違い、中長期で徐々に利益を確定させていくので最初は含み損(決済されていない損失)を抱えやすいというデメリットもあります。

自動売買はスロースタート。含み損に焦って手動で決済しないように気をつけよう。

自動売買の種類によって成績は大きく変わる

自動売買は3種類のタイプがある

自動売買は大きく分けて以下の3種類があります。

  • リピート型:レンジ相場に強い
  • 選択型:選ぶタイプで大きく成績が変わる
  • プログラム型:自作の自動売買が作れる

プログラミング技術が必要なMT4が使いこなせないと作れないプログラム型はハードルが高くすぎるので外すとして、

リピート型は一定幅を繰り返すレンジ相場に強く、急なトレンドの変化に弱い。

ただし、外為オンライン『iサイクル取引』のようなトレンドの方向を読むタイプも出ててき、公式サイトが発表している勝率で高い数字を出しているのもこのタイプです。

FX市場の7割がレンジ相場というのもリピート型の勝率アップに繋がっておる。

選択型は選ぶだけでプロの手法がマネできるミラートレードから、AIが判断して売買してくれるものまで。

選ぶロジック(自動売買の戦略)によってまったく違うトレードを行いますが、全体的にリピート型よりもトレンドがハッキリしている相場の方が強さを発揮するタイプが多くなっています。

選択型が使えるFX会社

ミラートレードの人気が下がり、今はAI型が人気を高めているんだ。

>>【種類別】FX自動売買の勝率ランキングを見る

勝ちトレーダーがもっとも多いのは分散投資

FX自動売買は分散投資が有効

億り人の鈴さんなど、自動売買の勝ちトレーダーがもっとも多いのは分散投資スタイルです。

分散する分、利益は小さくなりますが、リスクも小さくなるのがその一番の理由。

積立NISAも始まったように、個人投資家がもっとも手堅く資産運用できるのが投資信託です。

その投資信託でも採用されている分散投資はFXにおいても力を発揮してくれます。

うまくいったときの投資信託の年利が6%前後なのに対し、自動売買は10%前後と難易度が上がる分、ハマると大きいのがFXの分散投資です。

>>【億り人】鈴ブログで評判のトラリピを見る

自動売買で勝つためにおすすめのFX会社ベスト3

自動売買の勝率が高く、初心者でも使いやすいFX会社です。

外為オンライン『iサイクル2取引』

外為オンライン『iサイクル2』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.9銭 1.9銭 3.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 26種類

外為オンラインの特徴
  • 勝率90.75%も達成した確かな実績
  • 資産運用100万円以上で利益を出している人99.62%も達成
  • 初心者にも使いやすい自動売買ツール

iサイクル2の特徴は、FX初心者でも簡単に使える手堅い自動売買です。

成績の良い自動売買(プログラム)がランキング形式で表示されるので、それを選ぶだけの簡単操作。

FXで一番多いレンジ相場に強い、24時間コツコツと売買して利益を狙っていくシステムです。

\勝率90.75%も達成した自動売買/
外為オンライン『iサイクル2取引』の詳細へ

インヴァスト証券『トライオートFX』

インヴァスト証券『トライオートFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 17種類

トライオートFXの特徴
  • 12戦9勝で勝率75%の自動売買
  • 2タイプの自動売買が利用できる
  • 成績が良い自動売買プログラムを選ぶだけの簡単操作

トライオートFXの特徴は、勝率の高さと複数の自動売買が行えること(裁量取引も行える)

ランキングから簡単に自動売買が始められるセレクトから、自分だけのシステムを作成できるビルダー機能まで搭載。

初心者はもちろん、上級者も自分に合った自動売買を行えるのが魅力です。

\12戦9勝の高い勝率を実現した自動売買/
インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細へ

FXブロードネット『トラッキングトレード』

FXブロードネット『トラッキングトレード』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 24種類

FXブロードネットの特徴
  • 自動売買の利益実績86.9%
  • 成績が良い自動売買プログラムを選ぶだけ
  • 初心者が中心に稼いでいる

トラッキングトレードの特徴は、利益実績が86.9%と高いこと。

初心者でも簡単に自動売買ができ利益率も高いので、自動売買を利用しているユーザーの62%がFX初心者です。

簡単操作で自動売買ができるけど、柔軟な使い方ができるので、中級者や上級者からも色々なパターンで使われています。

\驚異の自動売買の利益実績86.9%/
FXブロードネット『トラッキングトレード』の詳細へ

>>自動売買におすすめのFX会社比較ランキング

【裁量VS自動売買】FXで大損する危険性を減らすのはどっち?

以上の分析から大損を減らせるのは自動売買、一発ドカンと稼げるのは裁量トレード。

どっちを選ぶかはあなたのやりたい投資と性格&ライフタイルで決めましょう。

裁量向き、自動売買向きそれぞれに向いた性格&ライフスタイルは以下の通りです。

裁量トレードがおすすめな人

裁量向きな3つのポイント
  • FXに圧倒的な時間を使える人
  • 決めたルールを淡々に冷静に実行できる人
  • メンタルが強い人

プロや有名トレーダーとも同じ市場で戦わないといけないFXは、他の投資と比べて競争率が激しいです。

特に人気のスキャルピングやデイトレードといった短期売買では。

そんな中で生き残るには売買や分析に圧倒的に時間が使えるのを基本としつつ、自分の勝ちパターンを作ってそれを実行できる冷静さとメンタルも必要となります。

勤勉さ+FX向きの性格

裁量で勝ち続けるにはこの二つが揃っていないと難しいです。

裁量で勝てるのは冷静な勝負師になれるような人種じゃ。

自動売買がおすすめな人

自動売買向きな3つのポイント
  • 設定にこだわるオタク気質な人
  • 利益を欲張らない人
  • 感情コントロールが苦手で時間がない人

まず負けてすぐ心が乱れる人や仕事や家事で時間がない人は裁量トレードに向いていません。

FXで勝負するなら自動売買の方がまだ可能性があります。

設定が命の自動売買ではここに試行錯誤できるオタク気質な人が強く、コツコツ小さな利益を積み重ねていくので、一発逆転を狙う性格の人は向いていません。

裁量が一発狙いのホームランバッターなら、自動売買はヒットを打ちまくる勝率の高さで勝負するスタイルです。

負けるとすぐに心が乱れる&仕事でなかなか時間が作れない僕は、裁量よりも自動売買の方がいい成績が残せています。

裁量VS自動売買【大損の危険性を減らす方法】Q&A

お金がない場合は裁量と自動売買はどっちがおすすめ?

どっちもおすすめしません。なぜなら資金の多さで勝率が決まるです。稼ぎたいならまずは資金を貯めて勝負する方が効率的です。

>>資金で勝率は約3倍変わるはコチラ

 

億り人を目指すなら裁量と自動売買どっちがおすすめ?

裁量は短期間でなることもできるけれどリスクも大きい。自動売買はリスクは減るけど億り人になるのにかなり時間がかかります。

 

FX初心者には裁量と自動売買どっちがおすすめ?

自動売買です。理由はFXは初心者の退場率が高く、裁量は9割と特に高いからです。リスクが減らせる自動売買ならこの数字を減らすことができます。

>>自動売買の比較ランキングはコチラ

 

デイトレやスキャルを裁量で行う場合はどんなFX会社を選べばいいの?

スプレッドが狭く、約定力が高いところです。日本の有名なFX会社はだいたいこの条件を満たしています。

>>裁量におすすめなFX会社ベスト3はコチラ

 

自動売買でおすすめのFX会社は?

一番勝率が高いiサイクル取引などのリピート系自動売買。会社では一番自動売買の種類が充実しているインヴァスト証券です。

>>自動売買におすすめなFX会社ベスト3はコチラ

 

大損390万FXトレーダーが語る裁量VS自動売買【大負けの危険性を減らす方法】まとめ

大損するパターンが分かればその対策法も見えてくる。

そして、自分が裁量か自動売買向きかを見極めるのも勝率を上げる基本です。

FXに限らず、すべてに通じることは基本ができているかどうか。

基本ができているかどうかで、勝率やロスカットされる確率は大きく変わってきます。

FXの基本は、資金・時間・リスクヘッジ・自己分析。

FXの基本と自己分析

裁量トレードでも自動売買でもこの基本は共通です。

このどれか一つでも欠けていたら大負けする危険性があることを覚えておきましょう。

また、この中で自分が裁量に向いているか自動売買に向いているか、自己分析ができていない人も多い。

自分の性格に合った方を選ぶだけでも勝率はけっこう変わってきますよ。

大負けを減らすポイント
  • 資金管理と損切りは大損しないための基本中の基本
  • 資金は多ければ多いほどロスカットされづらくなり勝率が上がる
  • 売買や分析に時間を使うのは当たり前、より時間をかけた方が勝利につながる
  • 自分が裁量向きか自動売買向きを見極める
  • 感情コントロールが苦手な人や時間がない人は裁量向きではない

自動売買用のFX会社選びを知りたいのであれば、以下の記事を参考にしてください。

>>自動売買におすすめのFX会社比較ランキングを見る