【10倍の差】手動トラリピおすすめFX口座&リピート自動売買と比較

手動トラリピのサムネ

裁量の損と自動売買の成功で自分のスタイルを見つけたFX名探偵タクジです。

この記事で分かること
  • 自動売買と比較した手動トラリピの特徴
  • 稼ぐための設定と通貨ペア
  • おすすめのFX口座

テクニックやノウハウの前に、自分に合った手法を選ぶことも結果に大きく結びつきます。

ここでは手動トラリピ(手動リピート系注文)の特徴について解説。

手動トラリピの魅力

そのメリットとデメリット、さらに具体的な設定やおすすめ口座も紹介します。

手動トラリピを知ることであなたとの相性も分かります。

リピート系自動売買にはない魅力が手動トラリピにはあります。

目次 非表示

手動トラリピとは半自動売買

手動トラリピ(手動リピート系注文)とは、制限がついた自動売買のようなものです。

やり方はイフダン注文を使うだけ

イフダン注文で手動トラリピ

やり方は簡単で注文と決済を同時に行うイフダン注文を連続で使うだけ。

自動売買どっちがいい、イフダン注文はどのFX会社でも使えます。

このイフダン注文を連続で入れることによって、簡易的な自動売買を実現させるのが手動トラリピ。

元祖リピート系自動売買『トラリピ(トラップリピートイフダン)』から名前を取って、手動リピート系注文よりも手動トラリピと呼ばれることが多くなっています。

初心者にハードルが高いと思われがちな自動売買も、実は簡単に設定できるんだ。

リピート系自動売買にも使われている

リピート型の特徴

イフダン注文を自動的に連続的に入れてくれるのが、リピート系の自動売買です。

設定た範囲で売り買いを繰り返し、FX市場で7割は発生する上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場に強い。

その発生しやすいレンジ相場で、コツコツと利益を積み重ねる自動売買です。

手動トラリピよりも発注が簡単なだけではなく、機能もパワーアップしています。

リピート系自動売買の詳しい特徴は以下の記事で解説だ。

>>二冠達成で強過ぎるリピート系自動売買の詳細へ

リピート系自動売買と比較したメリット

手動トラリピVSリピート系自動売買。

自動売買系のFX会社に縛られない

自動売買系のFX会社

リピート系自動売買と違い、手動トラリピなら好きなFX会社で行えます。

リピート系自動売買は限られた口座でしか使えませんが、イフダン注文ならどこのFX会社でも使えるから。

裁量トレードと手動トラリピを一つの口座で行うこともできるのです。

自分が裁量と自動売買どちらに向いているかを見極めるのも大事じゃぞ。

>>【裁量VS自動売買】大損回避のための相性チェックを見る

どこでも設定が細かく行える

ソフト名 通貨 コスト 設定 発注 特徴
iサイクル2取引 26 29円 トレンド自動
追従機能あり
トライ
オートFX
17 23円 自動売買が
3つ使える
ループイフダン 20 20円 一括で数百の
注文ができる
トラッキング
トレード
24 22円 独自設定あり
トラリピ 16 40円 有名トレーダー
の利用者が多い
みんなの
リピート注文
13 30円 × 自動売買が
3つ使える
連続予約注文 21 0~3円 × 最大20回の
制限あり

上の比較表はリピート系自動売買のものですが、ソフトによって設定の自由度が違います。

リピート系自動売買は大きく分けて、簡易型と高機能型があるからですね。

簡易型では利益幅と損切り幅が同じになるなど、細かい設定が行えません。

手動トラリピではどこの口座でも関係なく、細かい設定を行うことができます。

手動トラリプならどこのFX会社でも設定は自由自在です。

>>簡易型と高機能があるリピート系自動売買の詳細へ

スプレッドが最大10倍狭くなる

FX会社 手数料
片道
スプレッド
米ドル/円
合計コスト
連続予約注文 無料 0~0.3銭 0~3円
FXTF MT4 2円~ 0.1銭 3円~
OANDA MT5 無料 0.3~1.2銭 3~12円
楽天MT4 無料 0.5銭 5円
ちょいトレFX 無料 1銭 10円
ループイフダン 無料 2銭 20円
トラッキングトレード 20円 0.2銭 22円
トライオートFX 20円 0.3銭 23円
iサイクル2取引 20円 0.9銭 29円
みんなのシストレ 無料 1.9~3銭 19~30円
トラリピ 無料 3~4銭 30~40円
マイメイト 無料 3~5.2銭 30~52円

上の比較表は自動売買の口座ごとの取引コストの違いをまとめたものです。

一番上のマネーパートナーズの『連続予約注文』が手動トラリピの中でトップクラスの水準。

自動売買系はスプレッドが広い上に、別に手数料がかかるものもあります。

名前の元となったトラリピとマネパを比較すると、スプレッドに10倍以上の差が。

取引コストは手動トラリピの圧勝だ。

少ない資金で行える

少額資金で勝つ方法

リピート系自動売買で稼ぎたいなら少なくても10万円以上、できれば30万円以上の資金が必要です。

資金が多い方がいい理由は、自動的にレバレッジが設定されるため、証拠金が少ないとロスカットされやすくなるからです。

1通貨・100通貨取引

手動トラリピであれば、自分でレバレッジが設定でき、自動売買ではできない1通貨・100通貨取引も行えます。

1通貨・100通貨であれば1000円以下でトレードでき、1万円からでも勝負できます。

ただし、FXは資金が多いほど有利なため、少額で稼ぐには戦略が大事になる。

>>1万・10万の少額で勝つための戦略と準備へ

マイナーな通貨でも運用できる

通貨ペアの数
  • 自動売買:平均20前後
  • 手動:平均30前後。50や100超えも

リピート系自動売買が行えるFX会社の取扱い通貨ペアは、主要どころがメインの平均20前後です。

主要通貨があればいいじゃないかと思うかもしれませんが、FXには期間によってホットなマイナー通貨ペアが登場することもあります。

2023年の熱い通貨ペア・ユーロ/ホーランドズロチなどが取引できません。

手動トラリピならこういったマイナー通貨を取り扱っているFX会社でも行えるメリットもある。

期間限定で熱い通貨ペアは美味しい利益が狙いやすいんじゃ。

手動トラリピのデメリット

こんな弱点もあるので注意。

設定の手間が物凄くかかる

手動トラリピは手間がかかる

手動トラリピは設定と発注が自動売買と比べると何十倍も手間がかかります。

リピート系自動売買だったら、500件以上の注文&決済を一気に設定できます。

しかし、手動トラリピではこれを一つずつ自分の手で設定していかないといけません。

自動売買のコストの高さは、この手間を省くためにも使われています。

回数や注文期間に制限がある場合も

手動トラリピとイフダン注文の注意点

手動トラリピは面倒なだけではなく、FX会社によって回数制限や期間制限もあります。

特に痛いのは注文期間の制限(それでも1年ぐらいは大丈夫ですが)

せっかく設定を行っても、期間が過ぎてしまったらまた一からやり直さないといけなくなってしまいます。

特に期間制限は気付かずに切れることもあるので注意。

設定ミスが起こりやすい

手動トラリピの設定ミス

手動トラリピはミスが起こりやすいのもネックです。

自動売買が何百も行う設定を手動で行うわけから。

どれだけ気をつけても、全くミスが起こらない確率は低いと考えた方がいいです。

数が多くなってくるとチェックするだけでも大変だ。

相場を自動追従してくれない

外為オンラインのiサイクル2取引

リピート系自動売買には相場の変動に合わせて自動追従してくれる機能もあり(ないソフトもあります)

設定した値幅から相場が出ても、それを自動で修正してくれる機能です。

手動トラリピにはその機能がないため、設定した値幅から出ると注文も決済も行えません。

それを防ぐには様々な値幅にたくさん仕掛ける必要があり、何百と注文を入れないといけません。

手動トラリピは変動幅もカバーして設定する必要があるぞ。

自動売買と同じ弱点がある

ループイフダンの含み損と変動リスク

やり方は違うとはいえ、手動トラリピにもリピート系自動売買と同じ弱点があります。

それは最初は含み損を抱えやすいことと、急な相場の変動に弱いことです。

設定した後はほったらかしで稼ぎたいのであれば、ある程度の変動リスクに耐えられる資金を用意しないと難しいです。

設定してじっくりと利益を狙うなら資金が、少額で勝ちたいならタイミングが必要です。

>>自動売買で稼げない7つの理由を見る

手動トラリピにおすすめのFX会社口座

手動トラリピで欲しいのは、設定の簡略化・スプレッド・スワップの3つです。

スプレッド0銭『マネーパートナーズ 連続予約注文』

マネーパートナーズ

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0~0.3銭 0~0.4銭 0~0.7銭
取引ツール スワップ 通貨ペア
〇 × 21種類

手動トラリピでも最狭
  • スプレッド0銭~
  • 連続予約注文は半自動売買
  • 20回連続イフダン注文が行える

スプレッドと手間のかからなさから、手動トラリピならマネーパートナーズが一番です。

スプレッドは最狭の0銭から。

さらにマネパには、イフダン注文を連続20回まで行える連続予約注文というシステムがあります。

リピート系自動売買ほどではないけど、他よりは手間が省ける半自動売買的な存在だ。

\スプレッド0銭&自動売買もOK/
マネーパートナーズの詳しい解説へ

1通貨取引ができる『SBI FXトレード』

SBIFXトレード

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.18銭 0.48銭 0.88銭
取引ツール スワップ 通貨ペア
〇 〇 34種類

もう一つの最狭
  • マネパ並のスプレッド&スワップはそれ以上
  • 手動トラリピで使っている有名トレーダーも
  • 注文の有効期限が1年以内

スプレッドの狭さでマネーパートナーズに対抗できる&スワップでは圧勝しているのがSBI FXトレードです。

有名トレーダーも利用しているので、設定も真似しやすい。

ただし、2022年10月から注文期限が1年に設定されてしまったのはネックです。

注文期限1年の部分が気にならなければ、スワップはマネパ以上にもらえる。

\スプレッド&取引単位の限界に挑戦/
SBI FXトレードの詳しい解説へ

スワップ1位『外貨ex byGMO』

外貨exの画像

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.9銭
取引ツール スワップ 通貨ペア
◎ ◎ 30種類

スワップを中心に総合力が高い
  • スワップポイント1位
  • スプレッドも狭い方
  • ツールの使いやすさもトップクラス

マネパとSBIがスプレッドの狭さで尖がったFX会社なら、外貨exは総合力の高さで勝負しています。

スプレッドは上の二つに負けますが、スワップポイントは頭一つ抜けた存在。

買いを中心に手動トラリピを組み立てるのなら、一番大きな利益を狙えます。

スワップ狙いの中長期投資なら外貨exを選んでおけば間違いなしじゃ。

\スワップ1位&スマホアプリの好評/
外貨ex byGMOの詳しい解説へ

リピート系自動売買におすすめのFX会社口座

自動売買にすれば、手動トラリピより手間が大幅に省ける。

>>【全ソフト比較】FX自動売買おすすめランキングへ

勝率99.62%『外為オンライン iサイクル2取引』

外為オンライン『iサイクル2』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.9銭 1.9銭 3.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 26種類

圧倒的な公式実績
  • 公式データの最高勝率99.62%
  • 他の期間も勝率90%超え連発
  • 自動追従機能が充実

公式が発表している各FX会社の勝率で圧倒的1位なのが、外為オンラインの I サイクル2取引です。

勝率90%超えは頭一つ抜けた存在。

特に充実しているのが、相場だけでなくトレンドの変換にも対応する自動追従機能です。

嘘が付けない公式データで結果を出しているのは信頼度が高いです。

\勝率99.62%も達成した自動売買/
外為オンライン『iサイクル2取引』の詳細へ

億り人が愛用『マネースクエア トラリピ』

トラリピ公式

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
3~4銭 4~5銭 6~7銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 16種類

設定がマネできる
  • 有名トレーダーの愛用者が多い
  • 設定を公開しているトレーダーも多い
  • そのまま設定をマネできる

トラリピは億り人を含め、有名トレーダーの利用者が多いのが特徴です。

この人たちはブログやSNSで設定を公開しているパターンも多い。

そのままマネするだけで再現できるのが自動売買の強みです。

利用している有名トレーダーや設定は個別ページで。

\自動売買で億り人も狙える/
マネースクエア『トラリピ』の詳細へ

簡単No.1『アイネット証券 ループイフダン』

アイネット証券『ループイフダン』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
2銭 3銭 5銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 20種類

設定が一瞬で行える
  • 500以上の設定を一気に行える
  • システムを選ぶだけで簡単
  • 細かい設定はできない

手動トラリピと正反対の存在がループイフダンです。

面倒な設定も一瞬で行うことができる。

その代わりに細かい設定はできないと、徹底的に簡単さを追求した自動売買です。

簡単にしている分、取引コストも自動売買系の中では抑えめだ。

\裁量の150倍超えのチャンスを狙う/
アイネット証券『ループイフダン』の詳細へ

手動トラリピにおすすめの通貨ペア

レンジになりやすい通貨ペア

手動トラリピにおすすめなのは、上がったり下がったりするレンジ相場になりやすい通貨ペアです。

豪ドル/NZドル

豪ドルNZドルの動き

違う通貨ペアの中で、最もレンジが発生しやすいのが豪ドル/NZドルです。

地理的にも経済圏的にも違いのがその理由。

手動トラリピとの相性は最高ですが、動きが少な過ぎてなかなか利益も発生しづらいのが弱点です。

手堅いがチャンスも少ないんじゃ。

ユーロ/ポンド

ユーロポンドの動き

ユーロ/ポンドも豪ドル/NZドルに続いて、レンジが発生しやすい通貨ペアです。

こちらも地理的にも経済的にも近いのがその要因。

豪ドル/NZドルよりもう少し動きが欲しい場合は、ユーロ/ポンドで手動トラリピを挑戦するのをおすすめします。

ただし、動きが大きくなるとチャンスも増えると同時にリスクも増えます。

米ドル/カナダドル

米ドルカナダドルの動き

米ドル/カナダドルも地理的にも経済的にも近いのでレンジが発生しやすいです。

ただし、前の2つの通貨ペアと比べると、アメリカの方が力が強いため動きも激しくなっています。

より利益が狙いやすいですが、リスクも高まるので注意しましょう。

動きがある分、手動トラリピのやり応えは十分だ。

カナダドル/円

カナダドル円の動き

手動トラリピやリピート系自動売買で、意外とよく運用されているのがカナダドル/円です。

一見関係が薄そうな両国ですが、チャートを見ると随所でレンジが発生しているから。

このレンジの時期に合わせることができれば、こちらも手動トラリピとの相性がいいです。

ただし、たまに大きなトレンドが発生するので油断できないぞ。

ユーロ/円

ユーロ円の動き

ユーロ/円も手動トラリピやリピート系自動売買で選ぶトレーダーが多いです。

トレンドがメインですが、2017年以降はレンジ相場も発生しているから。

動きが激しいためか、ユーロ/円メインで運用しているトレーダーもいるほどです。

初心者向きではないが、手動トラリピの場合は他のトレーダーの設定をマネすることもできる。

令和の流行はメキシコペソ/円

メキシコ・南アフリカ・トルコの高金利スワップ通貨

レンジ相場になりやすい5つの通貨ペアに加えて、令和に入ってからメキシコペソで運用する人も増えています。

最高水準のスワップも狙える

※2023年2月のデータ

FX会社 ドル/円 メキシコ
ペソ
南アフリカ
ランド
トルコリラ
外貨ex
byGMO
176 20 15 15
GMO
クリック証券
171 17 13 14
松井証券 170 18 13 18
SBI FX
トレード
173 17 12 13
外為どっとコム 165 18 10 18
FXプライム
byGMO
155 17 10 12
JFX 65 14 15 24
ヒロセ通商 65 20 14 15
DMM FX 170 18 13 取扱いなし
マネー
パートナーズ
43 9 5 3

安定感が弱いメキシコペソ/円で手動トラリピを行う一番の理由は、最高水準の高金利通貨だから。

為替利益に加えて、高いスワップポイントも狙うことができます。

さらに同じ高金利通貨の南アフリカランドやトルコリラと比べると、安定感が高いのも運用しやすくなっています。

利益確定してなくてもスワップはどんどん増えるのも魅力です。

>>【初心者でも月一万円生活】スワップポイントの魅力へ

レンジ通貨には少ない暴落や暴騰のリスクがある

メキシコペソ円のチャートの動き

高金利通貨の中では安定感が高いとはいえ、メキシコペソ/円はトレンドが強いので注意が必要です。

2017年3月~2020年2月まではレンジ相場が発生していましたが、2022年後半から再び動きが活発化してきました。

動くときは一気に暴落や暴騰が起こるので、かなりリスクの大きい通貨です。

いくら高金利でも、為替損はスワップの利益を一瞬で吹っ飛ばすこともあるんだ。

>>FX名探偵タクジのスワップ失敗談を見る

手動トラリピ設定が学べるブログ

ここでは、手動トラリピの具体的な設定が学べるブログをまとめました。

ちなみにリピート系自動売買の設定も利用できます。

トラリピで億り人『鈴』ブログ

鈴さんは自動売買の方のトラリピを中心に億り人を達成した有名トレーダーです。

手動トラリピにも使える設定がかなり詳しく公開されています。

鈴さんのトラリピ成績
  • 2016年3月に500万円で運用開始
  • 16通貨の手法を公開
  • 合計+27,995,675円(2023年1月22日時点)

トラリピだけで3000万円近くの利益で実績は申し分なし。

さらに16通貨の手法を公開しているので、メインどころはどれでもマネできるようになっています。

>>鈴ブログのトラリピ設定を見る

FX手動リピートでサイドFIRE『めがねこ』ブログ

めがねこさんは500万円の元手でサイドFIREさせるをテーマにしたトレーダー&ブロガー。

手法は手動リピート(手動トラリピ)メインと、この記事のテーマとピッタリです。

めがねこさんの手動リピート成績
  • 2020年11月に500万円で運用開始
  • 6通貨の手法を公開
  • 合計+2,736,197円(2023年1月22日時点)

500万円の元手から300万円近い利益と、めがねこさんの利回りも物凄いことになっています。

レンジが発生しやすい通貨の他、南アフリカランドやメキシコペソの高金利通貨の設定もあるのも見逃せません。

>>めがねこブログのリピート設定を見る

メキシコペソで手動トラリピ『サトウカズオ』ブログ

サトウカズオさんは自動売買&スワップ運用でFIREを達成した有名トレーダーです。

FX会社の公式ブログや為替雑誌などにも登場しています。

サトウカズオさんの手動リピート成績
  • 2020年6月に25万円で運用開始
  • メキシコペソの手法を公開
  • 合計+271,819円(2023年1月21日時点)

いくつか手法が公開されていますが、手動トラリピではメキシコペソを中心に運用。

高スワップを活かして、年利回り40%超えという驚異の数字を達成しています。

>>サトウカズオブログの手動トラリピ設定を見る

よくある質問

手動トラリピは面倒?
面倒です。面倒が嫌なら自動売買の方がいいです。
手動トラリピが自動売買を上回る面は?
コストの安さとどこのFX口座でも設定が自由な部分です。
手動トラリピと連続予約注文の違いは?
連続予約注文では手動トラリピが連続20回までまとめて行えます。
他トレーダーの設定のマネは有効なの?
有効です。ただし、自分のFX力は鍛えられない弱点はあります。
手動トラリピと自動売買はどっちがおすすめ?
コスト重視なら手動。時間重視なら自動売買。僕は自動売買の方がメインです。

手動トラリピおすすめFX口座&リピート自動売買と比較まとめ

手動トラリピは自動売買より最大で10倍以上コスト削減ができる。

イフダン注文を駆使する手動トラリピでは、どこのFX会社でも実践可能です。

手間はかかりますが、コストが高い自動売買業者を使わなくていいのでかなり安くなる。

手動トラリピまとめ

マネーパートナーズなどの最狭スプレッドFX口座を選べば、最大で10倍以上も安くなります。

ポジションが多く取れない資金が少ないうちは、手動トラリピメインでトレードするのも十分アリです。

手動トラリピで知っておきたいこと
  • イフダン注文を連続で使う手法
  • 自動売買よりも手間がかかる
  • その代わり取引コストが安くなる
  • 少ない資金でも運用できる
  • 時間重視ならリピート系自動売買で代用

手法別のFX会社比較は以下のページでまとめています。

【裁量VS自動売買】FX会社比較ランキングを見る