スプレッド0銭&自動売買『マネーパートナーズFXnano』の評判&口コミを評価

マネーパートナーズのサムネ

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

裁量で350万、自動売買で40万の大損をその経験から取り返し中のたくじです。

この記事で分かること
  • マネーパートナーズFxnanoの強みと弱み
  • スプレッド0銭の実力
  • 連続予約注文・自動売買は使えるのか?

スプレッド0銭の限界突破。

さらに自動売買も行える。

マネーパートナーズの魅力

こんなFX会社見たことない!

それがマネーパートナーズFXnanoです。

話題のスプレッドや自動売買を公式実績に加え、評判や実際に運用したブログ情報も加えて分析しました。

最狭スプレッド0銭

目次 非表示

目次へ

スプレッド0銭が強烈なマネーパートナーズFXnano

マネーパートナーズ

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
0~0.2銭0~0.4銭0~0.7銭
取引ツールスワップ通貨ペア
〇×21種類

二冠も狙える
  • スプレッド0銭は全FX会社で一番
  • 連続予約注文は自動売買で一番の低コスト
  • 有名トレーダーの利用者も多い

スプレッド0銭は裁量・自動売買を含めて、全FX会社の中で一番狭い。

連続予約注文でも0銭は採用されるので、自動売買の中ではダントツの低コストです。

自動売買系の有名トレーダーが多く利用している FX 会社。

最狭スプレッド0銭

特徴が違う二つの口座がある

マネパの取引口座

パートナーズFXnano
  • 100通貨単位で取引できる
  • スプレッドが狭い
  • 1回の最大発注数量20万通貨

普通の個人トレーダーならこっちで十分じゃ。この記事でもパートナーズFXnanoを中心に解説するぞ。

パートナーズFX
  • 取引ツールと約定力が優秀
  • 大口取引も行える
  • 1万通貨~、スプレッドも少し広い

少額取引ができない分、取引ツールと約定力が優秀です。

始めるときの最低必要資金

少額資金で勝つ方法

パートナーズFXnanoなら100通貨1,000円以下でトレードを始めることができます。

普通は証拠金が少ないとロスカットされやすいので、最低必要資金も10万円以上おすすめしています。

しかし1万通貨や1000通貨からの他と違い、マネパであれば最低1万円でも勝負できます。

ただし、1万円で勝つには手法と戦略にこだわる必要があるんだ。

>>【知らないと3倍負ける】少額資金取引の危険性へ

口座開設のやり方

マネーパートナーズでの口座開設は、1ページで全部まとめられているので他のFX会社より分かりやすい。

パートナーズFXとパートナーズFXnanoは二つ同時に開設する形になります。

口座開設を申し込む

必要項目を入力する他、本人確認書類とマイナンバーが必要となります。

オンライン本人確認を利用する場合、マイナンバーと顔写真も撮るのでPCで入力する場合もスマホは必要です。

FX会社による審査

提出すると審査が始まり、オンライン本人確認を利用した場合は早ければ即日、オンラインを利用しない場合は2~3営業日で口座開設が完了し、ログインIDとパスワードが届きます。

入力や書類に不備がなければ、よっぽどのことがない限りは審査に落ちることはありません。

口座開設手続完了

IDとパスワードが届いたら、あとは公式サイトにログインすれば取引できるようになります。

入金する

実際のトレードを始めるためには入金する必要があります。

マネーパートナーズの場合は必要最低資金は1,000円以下ですが、勝率も考えると1万以上は入金しましょう。

入金の仕方については、ログインした後のページで詳しく書かれています。

取引注文を出す

あとは注文を入れれば取引開始。

マネーパートナーズではデモ口座がないので、必ず使い方を覚えてから取引を開始しましょう。

最狭スプレッド0銭

マネーパートナーズFXnanoのおすすめメリット

マネパを使うとこんな利点が手に入る。

少額なら全FX会社最狭のスプレッド0銭

マネパのスプレッド

最大のメリットは、FX業界最狭水準のスプレッドです。

最狭水準と公式では宣伝してますが、5,000~1万通貨までは(通貨ペアにより変わる)0銭なのでナンバー1と言っても過言ではありません。

スプレッドの安定度も高く、デイトレードを行うならマネパは候補から外せません。

短期売買最強のFX会社の一つだ。

>>FXスキャルピングしか勝てない【でも億り人も】を見る

少額取引じゃないスプレッドも狭い

【原則固定(例外あり)】
※外為どっとコムはキャンペーンスプレッド。詳細は公式HPへ

FX会社ドル/円ユーロ/円ポンド/円取引単位
マネー
パートナーズ
0~0.2銭0~0.4銭0~0.7銭100通貨
GMO
クリック証券
0.2銭0.5銭0.9銭1000通貨
GMO外貨0.2銭0.4銭0.8銭1000通貨
SBI FX
トレード
0.18銭0.48銭0.88銭1通貨
松井証券0.2~1.6銭0.5~1.5銭0.6~1.1銭1通貨
外為どっとコム0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
セントラル
短資FX
0.2銭0.4銭0.6銭1000通貨
みんなのFX0.2銭0.4銭0.8銭1000通貨
LIGHT FX0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
ヒロセ通商0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
JFX0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
DMM FX0.2銭0.5銭0.9銭1万通貨

さらに0銭の取引量を超えてもスプレッドは業界最狭水準です。

上の比較表で比べると、0銭を超えても全ての通貨で1,2を争うレベル。

取引コストの安さが重要な短期売買特化型のFX会社です。

短期トレーダーの強い味方じゃ。

取引ツール&スマホアプリも短期売買向き

マネパのツール

PCの取引ツールやスマホアプリは操作性とスピード重視の仕様となっています。

機能性はそこそこですが、ここでも短期売買に特化した形。

自分の強みを活かし、一点突破で尖ったFX会社となっています。

2022年前半まではスマホアプリの操作性が叩かれることもありましたが、現在ではそこも修正されています。

連続予約注文で自動売買も行える

マネパの連続予約注文

マネパの連続予約注文とは、注文と決済を同時に行えるIFD注文(イフダン)を利用したもので、一定のルールで売買を繰り返すシステムトレードのことです。

これはリピート系自動売買にも使われている注文システム。

連続予約注文は最大20回までと制限がありますが、簡易的な自動売買を行えるのです。

20回の制限はあるけど、スプレッドはダントツに狭いんだ。

>>二冠達成リピート系自動売買のメリット・デメリットを見る

100通貨単位でも取引できる

マネパの100通貨単位

他のFX会社のほとんどが1000通貨単位、なかには1万通貨のところもある中、マネーパートナーズでは100通貨単位で取引できます。

1万通貨なら軽く5万円を超える証拠金も、100通貨なら1,000円以下の証拠金で取引できる。

FX 初心者が最初に始める会社としてもおすすめです。

FXで勝つには何度も経験を積むのが大事。その点、マネパの100通貨なら少ない資金で何度もチャレンジできるんだ。

押さえておきたいマネパのリスクとデメリット

逆にこんな弱点もあるので要注意。

スキャルピングは禁止

第29条 取引の制限、停止

マネーパートナーズは、第12条第1 項、第2 項各号いずれかの事由に該当する可能性があるとマネーパートナーズが判断した場合、第 27 条第 1項各号に該当する可能性があるとマネーパートナーズが判断した場合または以下の事項に該当するなど不適切な取引であるとマネーパートナーズが判断した場合、お客様の新規の取引を制限または停止することができる。

①当社システムに大きな負荷を与える行為

③金融資産や投資経験などから判断して過剰な取引

④十数秒以内に複数回の注文を行う行為

参照:マネーパートナーズ 外国為替証拠金取引約款

取引約款には明確にスキャルピング禁止とは書かれていませんが、それらしいことが書かれています。

マネーパートナーズに実際に問い合わせてみたところ、

十数秒以内に複数回の注文を行う行為により、取引の制限、停止の対象となります。

という返答が返ってきました。

スキャルを行うのであれば、目安として20秒以上空けて欲しいとのこと。

制限なく行いたいなら、以下のスキャルOKのFX会社で行った方がいい。

>>スキャルピングOKのFX会社を見る

スワップポイントが低い

【2024年5月時点】
※ドルは1万通貨、他は10万通貨

FX会社ドル/円メキシコ
ペソ
南アフリカ
ランド
トルコリラ
GMO外貨240261161361
GMO
クリック証券
239272172410
LIGHT FX225280172420
アイネット証券270280180400
みんなのFX225275181410
外為どっとコム225260160360
松井証券230250160400
JFX170270170350
SBI FX
トレード
234130160360
ヒロセ通商170260160360
DMM FX240270170取扱いなし
セントラル
短資FX
2302604030
マネー
パートナーズ
83205070

上の比較表の数字から分かる通り、マネーパートナーズのスワップポイントは圧倒的に低くなっています。

スプレッドを狭くするためにスワップを犠牲にしているのかもしれません。

つまりスワップ狙いの中長期投資を行うのであれば、他のFX会社を利用した方が圧倒的に有利です。

スワップが高いFX会社も以下にまとめたぞ。

>>スワップポイントが高いFX会社を見る

連続予約注文の自動売買には制限がある

発注できる回数
  • 連続予約注文:最大20回
  • リピート系自動売買:無制限

マネパの連続予約注文には最大20回の制限がありますが、リピート系自動売買には制限がありません。

裁量トレードメインのトレーダーなら20回もあれば十分では?と思うかもしれませんが、この手法は無数のポジションを仕掛けて利益を狙う。

つまり回数が少ないと、手動で何度も注文を入れなくてはならないので、非常に手間が面倒なのです。

手間が面倒ならコストが高くなっても自動売買FX会社を選ぶ方がおすすめです。

>>自動売買おすすめFX会社ランキングを見る

二つのFX口座がある

マネパの取引口座

マネパの二つの口座
  • パートナーズFXnano:100通貨単位・スプレッド0銭
  • パートナーズFX:取引ツールと約定力が優秀

マネパの二つの口座はそれぞれ強みが違います。

特に1万通貨からのパートナーズFXの取引ツールはFXnanoとは別物でこちらの方が優秀。

せっかく優秀な取引ツールがあるなら、二つの口座をまとめてスプレッド0銭でも使えるようにしてくれれば最高なのですが…。

パートナーズFXの取引ツールが使えたら最強なのに…。

デモ口座がない

FXデモトレードなし

マネーパートナーズでは他と違ってデモ口座は用意されていません。

用意されていない理由はシステムのコスト削減だけではなく、デモではリアルトレードの緊張感が味わえないためと明言しています。

デモ口座がない代わりに100通貨単位の取引が用意されているわけですね。

デモがない明確な理由を明かしているFX会社は珍しい。

マネパで稼ぐための戦略は二つ

マネーパートナーズで稼ぐ基本となる戦略は主に二つ。

スキャルを除く短期売買

マネパは短期売買がおすすめ

一つ目はスプレッドの狭さを活かした短期売買です。

その日で取引を完了させるデイトレードか、数日~数週間で取引を完了させるスイングトレード。

スキャルピングは20秒以上空けないといけない制限が付くので、それならスキャルOKのFX会社を利用した方がいいですね。

スワップの低さを考えても、短期売買専用口座と言っても過言ではないぞ。

マネもできる自動売買

自動売買の設定は真似できる

設定が面倒ではなければ、連続予約注文での自動売買メインでも使えます。

20回と制限はありますが、連続予約注文は設定の自由度が高いので、他の自動売買の設定もマネできる。

さらにスプレッドも自動売買系の中では圧倒的に狭く、手間をかけるだけの価値は十分にあります。

有名トレーダーが公開している自動売買設定をだいたいマネできます。

>>有名トレーダーの自動売買設定を見る

マネーパートナーズFXnanoと他会社を比較

FX会社スプレッドスワップ取引ツール取引単位
GMO
クリック証券
◎◎◎1000通貨
GMO外貨◎◎◎1000通貨
外為どっとコム〇〇◎1000通貨
松井証券◎◎△1通貨
SBI FX
トレード
◎〇〇1通貨
マネー
パートナーズ
◎×〇100通貨
ヒロセ通商〇〇〇1000通貨
JFX〇〇〇1000通貨
DMM FX〇△〇1万通貨

ここからは他のFX会社とマネパの比較を。

まずは裁量トレード編。

1通貨取引ができる『SBI FXトレード』

SBIFXトレード

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
0.18銭0.48銭0.88銭
取引ツールスワップ通貨ペア
〇〇34種類

マネパのスプレッドライバル
  • マネパと1,2を争う低スプレッド
  • スワップはSBIが上
  • 1通貨取引もできる

スプレッドの狭さでマネパと競り合うことができるのがSBI FXトレードです。

スプレッドでは僅差で負けますが、スワップと1通貨取引ではこちらが上。

少額&スワップ狙いのトレードならSBIです。

低スプレッド&1通貨取引は他ではなかなかない魅力だ。

顧客満足度1位獲得

スキャルOK&世界1位『GMOクリック証券』

GMOクリック証券

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
0.2銭0.5銭0.9銭
取引ツールスワップ通貨ペア
◎◎20種類

世界1位の総合力
  • FX取引高で世界1位も獲得
  • 低スプレッド&高スワップ
  • 取引ツールの評判もトップクラス

日本のFX会社でありながら、取引高世界1位がGMOクリック証券です。

世界1位なだけあって、スプレッドもスワップも隙がない。

取引ツールに関してはNo.1レベルと、総合力ではマネパを超えてきます。

短期売買も中長期投資も一つの口座で行いたいならクリック証券が一番だ。

世界1位を獲ったFX会社

スワップ1位『GMO外貨』

GMO外貨

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
0.2銭0.4銭0.8銭
取引ツールスワップ通貨ペア
◎◎30種類

同じGMOの総合力の高さ
  • スワップは業界最高水準
  • スプレッドもツール&アプリも優秀
  • 総合力はクリック証券並

スワップポイントを中心に総合力が高いのがGMO外貨です。

同じGMOグループのクリック証券と同じく、全てのレベルが高い。

その中でも特にスワップが優れています。

スワップ狙いはもちろん、短期売買でも使えるスプレッドの狭さじゃ。

スワップポイント1位

マネパと他自動売買を比較

次はマネパの連続予約注文と比較。

勝率99.62%『外為オンライン iサイクル取引』

外為オンライン『iサイクル2』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
0.9銭1.9銭3.4銭
手数料取引単位通貨ペア
片道20円1000通貨26種類

リピート系自動売買のエース
  • 最高勝率99.62%の怪物
  • 簡単設定と手動設定のどちらも行える
  • トレンド自動追従機能あり

連続予約注文と同じ、リピート系自動売買のエース的存在が外為オンラインのiサイクル2取引です。

最高勝率99.62%は公式データの中では圧倒的な数字。

最大の特徴は他にはないトレンドの流れを判別し、自動追従する機能です。

もちろん連続予約注文のような回数制限もなく、リピート系自動売買をお行いたいなら一度は試して損はなしです。

勝率99.62%も達成した自動売買

マネパの設定を簡単に『マネースクエア トラリピ』

トラリピ公式

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
3~4銭4~5銭6~7銭
手数料取引単位通貨ペア
無料1000通貨16種類

マネパと同じ設定もできる
  • リピート系だけでなく、全ての日本の自動売買の元祖
  • 有名トレーダーの利用者が一番多い
  • 連続予約注文と同じ設定ができる

元祖自動売買であるトラリピは、細かい設定ができる上に有名トレーダーの利用者も多いのが特徴です。

簡易的な設定しかできないリピート系も多い中、トラリピでは連続予約注文と同じく細かい設定もOK。

さらに設定を公開している有名トレーダーも多いので、それをそのまま真似することもできます。

利用している有名トレーダーや設定の詳細は個別ページで。

自動売買の億トレーダーも愛用

AIが自動売買『マイメイト』

インヴァスト証券『マイメイト』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円ポンド/円
3~5.2銭4~5.2銭5~5.9銭
手数料取引単位通貨ペア
なし5000通貨16種類

マネパと正反対の自動売買ができる
  • リピート系と真逆の選択型自動売買
  • プログラムを選ぶだけで簡単
  • コツコツより爆発力で稼ぐ

小さくコツコツ稼ぐリピート系と違い、選択型は一発の爆発力が大きいのが特徴です。

たくさんあるプログラムから選ぶだけで自動売買が始められる。

特にマイメイトは成長するAIで自動売買を行うことができます。

使い方も特徴も連続予約注文とは真逆の存在だ。

進化するAI自動売買

マネーパートナーズFXnanoをおすすめする人

こんな人ならマネパ向き。

デイトレード中心で勝負したい人

デイトレードで勝負

短期売買の中でもデイトレを中心に勝負したい人は最高の相性です。

スプレッドの狭さに加えて、取引ツールも短期向け。

まさにデイトレードに照準を合わせているようなFX会社です。

短期売買でもっとも利益を多く残せるFX会社の一つじゃ。

少額で取引したい人

マネパの100通貨取引

他ではほとんどできない100通貨取引もマネーパートナーズの魅力です。

デモ口座はなくても少額で本番取引ができる。

FXを上手くなりたいなら何度もトレードを繰り返すのが一番です。

初心者が最初に経験を積むのにもおすすめです。

自動売買のコストを削りたい人

自動売買の取引コスト

コストを削って自動売買をしたい人にもおすすめです。

連続予約注文は回数制限はあるけれど、取引コストの安さは自動売買系のなかではダントツ。

手間がかかる分、一番多くの利益も残せるのです。

この機能の知名度は低いけど、自動売買の隠れた実力者なんだ。

マネパはおすすめしない人

こんな人はマネーパートナーズは避けた方がいい。

スキャルピングで勝負したい人

【原則固定(例外あり)】
※外為どっとコムはキャンペーンスプレッド。詳細は公式HPへ

FX会社ドル/円ユーロ/円ポンド/円取引単位
マネー
パートナーズ
0~0.2銭0~0.4銭0~0.7銭100通貨
GMO
クリック証券
0.2銭0.5銭0.9銭1000通貨
GMO外貨0.2銭0.4銭0.8銭1000通貨
SBI FX
トレード
0.18銭0.48銭0.88銭1通貨
松井証券0.2~1.6銭0.5~1.5銭0.6~1.1銭1通貨
外為どっとコム0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
セントラル
短資FX
0.2銭0.4銭0.6銭1000通貨
みんなのFX0.2銭0.4銭0.8銭1000通貨
LIGHT FX0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
ヒロセ通商0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
JFX0.2銭0.4銭0.9銭1000通貨
DMM FX0.2銭0.5銭0.9銭1万通貨

短期売買に強くても、スキャルピングは禁止されているので避けましょう

20秒以上の間隔を空ければ大丈夫ですが、いちいち時間を気にしてトレードするのはマイナス。

スキャルOKでもマネパに迫るスプレッドの狭いFX会社はあります。

禁止されているのにわざわざリスクを冒す必要はない。

>>スキャルピングOKのFX会社を見る

スワップ狙いの中長期投資をしたい人

【2024年5月時点】
※ドルは1万通貨、他は10万通貨

FX会社ドル/円メキシコ
ペソ
南アフリカ
ランド
トルコリラ
GMO外貨240261161361
GMO
クリック証券
239272172410
LIGHT FX225280172420
アイネット証券270280180400
みんなのFX225275181410
外為どっとコム225260160360
松井証券230250160400
JFX170270170350
SBI FX
トレード
234130160360
ヒロセ通商170260160360
DMM FX240270170取扱いなし
セントラル
短資FX
2302604030
マネー
パートナーズ
83205070

FX 会社の中でもマネパのスワップポイントはかなり低いので、中長期投資もおすすめしません。

上の比較表を見れば分かる通り、スワップ狙いなら他のFX会社の方が圧倒的有利。

短期売買も中長期投資もまとめて一つの口座で行いたいなら、総合力の高いところを選びましょう。

スプレッドとスワップを両立したFX会社もあるんじゃ。

>>スワップポイントが高いFX会社を見る

ほったらかし自動売買を行いたい人

FX会社ツール手数料
片道
スプレッド
米ドル/円
外為オンラインiサイクル2取引
リピート型
20円0.9銭
インヴァスト証券トライオートFX
3タイプ
20円0.3銭
FX
ブロードネット
トラッキング
トレード

リピート型
20円0.2銭
アイネット証券&
ひまわり証券
ループイフダン
リピート型
無料2銭
マネースクエアトラリピ
リピート型
無料3~4銭
マネー
パートナーズ
連続予約注文
リピート型
無料0~0.2銭
インヴァスト証券マイメイト
AI型
無料3~5.2銭
みんなのFXみんなのシストレ
2タイプ
無料1.9~3銭
FXTFFXTF MT4
開発型
2円~0.1銭
オアンダジャパンMT4&MT5
開発型
無料0.3~1.2銭
楽天MT4MT4
開発型
無料0.5銭

連続予約注文はコストは安いですが、手間がかかるためほったらかしの自動売買は行えません。

ほったらかしの自動売買を行いたいのなら、他のリピート型か、もしくは選択型自動売買を選びましょう。

ただし他の自動売買でも、定期的な設定の見直しなどは必要です。

自動売買でも完全放置で稼ぐことはできません。

>>自動売買おすすめFX会社ランキングを見る

よくある質問

マネーパートナーズの魅力は?
スプレッドの狭さと連続予約注文による自動売買です。
スプレッドは一番狭いの?
スプレッド0銭は他にない狭さです。
取引ツールの使い心地は?
機能性はそこそこ。スピードと操作性に力を入れています。
連続予約注文の自動売買は使える?
20回の制限は面倒ですが、機能と取引環境はかなり優秀です。
二つの口座はどちらがおすすめ?
パートナーズFxnanoの方がおすすめです。

スプレッド0銭&自動売買『マネーパートナーズFXnano』の評判&口コミを評価まとめ

マネパは低スプレッドを活かしたデイトレと圧倒的に自動売買が強い。

マネーパートナーズは総合力よりも、スプレッドの一点突破でとんがっているFX会社です。

そのスプレッド生かしたデイトレードと、連続予約注文を使った自動売買で圧倒的な強さを見せます。

マネパのまとめ

逆にそれ以外の中長期投資では力が発揮できない。

使い方が分かりやすいFX会社とも言えます。

マネパで知っておきたいこと
  • 0銭からの最狭水準スプレッド
  • スワップは低いので中長期投資には向かない
  • 狭いスプレッドは連続予約注文の自動売買でも使える
  • ただし、最大20回の制限あり
  • 取引ツールも短期売買向け

最狭スプレッド0銭

手法別のFX会社比較は以下のページでまとめています。

>>【裁量VS自動売買】おすすめFX会社を見る