【失敗する積立FX】儲からないデメリットを自動売買の分散投資でカバー

投資はFX・株・投資信託・インデックスファンド・商品先物まで経験したFX名探偵タクジです。

今回は積立FXのデメリットとその解決法を。

この記事で解決できる悩み
  • 積立FXとはどういうもの?
  • 積立FXは儲かる?儲からない?
  • 積立FXは失敗する理由とその解決法

FXでも毎月積み立てることで投資信託のように資産運用ができる。

しかも、外貨預金より手数料が安いのでお得!…なんて言われる積立FXですが、

積立FXのデメリット

冷静に分析してみると儲からない危険があります。

この記事ではそんな積立FXが失敗する理由と、儲かるためにおすすめの方法を解説します。

ゼロサムゲームと言われるFXでは、インデックスファンドのようにただ積立てるだけでは儲からない危険性が高いです。

目次 非表示

積立FXとは仕組み的に失敗する危険なデメリットがある

積立FXの5つのデメリット

積立FXとは投資信託のように毎月一定額を積み立ててFXを購入していくサービスです。

毎月積み立てるので購入額が平均化され、外貨預金のように資産運用ができる…というのが公式サイトでのアピールですが、僕はそこに

ちょっと待ったコール!

をかけたい。

インデックスファンドと違いFXは積立投資に向かない

FXとインデックス投資の違い

FXは株や債券をまとめた投資信託や、株のエリートを集めた株価指数で動くインデックスファンドと違って、ただ積立てるだけでは儲からない危険性が高いです。

Amazonやアップルなど、株は企業が成長すれば価値が上がり続けますし、その上位会社のみに入れ替え続けるインデックスファンドは、経済が発展し続ける限り上昇していきます。

インデックスファンドで有名なS&P 500などは、長い年月で見ればキレイな上昇曲線を描いているんだ。

一方、ドル/円・ユーロ/円と通貨ペアで数字が決まるFXでは、一方の通貨だけ価値が上がり続けるということはありません。

上がったり下がったりを繰り返すFXでは、買うタイミングによっては資産が増えるどころか、逆に減る危険性もあるのです。

一方の価値が上がればもう一方は必ず下がる。これがFXがゼロサムゲームと言われる理由の一つじゃ。

スワップポイント狙いのなので利益が小さい

スワップポイントとは

通貨の価値が上がり続けないFXで、積立FXが狙うのは二ヵ国の金利差を狙ったスワップポイントです。

日本やアメリカなど金利差がある国の通貨を買った場合、その差額を預金の金利みたいに貰うことができます。

が、あくまで金利のスワップは利益は小さいので、為替変動で損失が出たら一気にスワップ利益は吹っ飛びます。

さらに売った場合は逆にスワップを払う必要があるので、積立FXでは売りポジションを取ることができません。

スワップでは為替差益の損失はカバーできないんだ。

>>【初心者でも月一万円生活】スワップポイントの魅力へ

メインである売買利益が狙えない

FXのスワップ狙いのリスク

FXは安く買って高く売る・または高く売って安く買うの為替レートの変動で狙う売買利益(失敗すると損失)で儲けるのがメインです。

積立FXでは引き出すときに決済するまで、この売買差益は一切狙うことができません。

そして、上がり続ける株式市場と違い、上がったり下がったりを繰り返すFX市場では、最後に為替差益で儲けることができるかは運次第です。

長い年月をかけて積み上げたのに、最後に儲からないならやる意味がない。

取引コストが普通のFXよりも広い

スプレッドとは

FXは外貨預金よりも手数料が安いのが魅力ですが、積立FXは通常より取引コストとなるスプレッドが広く設定されています。

これではFXの魅力が半減。

また、ただでさえコツコツと小さく積み上げるスワップポイントが、このスプレッドで削られるというのも大きいです。

積立FXは仕組み上、儲けづらい構造になっています。

最悪ロスカットされる危険がある

ロスカットのルール

インデックスファンドと積立FXの最大の違いは、ロスカット(強制決済)される可能性もあることです。

積立FXでは証拠金維持率が30%を下回った場合にロスカットされます。

POINT
  • 証拠金維持率(%)=投資資産÷必要証拠金×100

つまり資金が少ないときや、積立FXは円ベースでしか買えないため激しい円高が起こった場合、一気にロスカットされる危険性があるわけです。

ロスカットされてしまったら損失確定だ。

積立FXにおすすめの通貨にはデメリットがある

積立FXでおすすめされている通貨にも弱点があります。

南アフリカランド・トルコリラ・メキシコペソ

高金利通貨のスワップ狙い

高スワップとして人気の南アフリカランド・トルコリラ・メキシコペソは、3通貨とも為替リスクがあります。

3通貨とも長いスパンで見ると円に対してゆっくりと下落している&一度は大きな大暴落が起こっています。

この3ヵ国は日本と比べて政治や経済が安定していないため、長期間で円に対して価値を落とし、政変などで大暴落が起こることがあります。

政治や経済が安定していないから高い金利にしておるんじゃ。

また、国が安定すると為替変動リスクは下がりますが、スワップポイントも下がるというジレンマもあり。

これだけ動きが激しいと、積立FXで儲けられるかどうかはやはり運次第です。

イチかバチかの運頼みなら他の投資をする方がおすすめです。

>>【初心者でも月一万円生活】スワップポイントの戦略へ

米ドルはワンチャンあり

米ドルと円の価値

米ドルにはスワップリスクと為替差益チャンスがあります。

インフレが続いているため、2022年のアメリカの金利は高くなりましたが、日本ほどではないにしろアメリカも元々は金利は高くありませんでした。

当然アメリカの金利が下がればスワップポイントも下がる。

逆にアメリカは現在も経済成長していますが、日本は失われた30年で経済成長が止まっています。

為替介入が行われた2022年の10月にも話題となりましたが、このままの状態が続けばさらに円安が進む可能性もある。

長いスパンで円安が進めば、積立FXでも利益が残るチャンスはあります。

ただし、長いスパンで円安が進むのなら、積み立てるより今のうちにまとめて買っておいた方が利益は大きくなります。

>>高スワップFX会社おすすめランキングへ

メリットにも儲からない危険要素あり

積立FXのメリットとしてよく挙げられる部分にも、失敗するリスクが含まれています。

外貨預金より手数料が安い

積立FXのコスト

積立FXは外貨預金よりは手数料が安いですが、通常のFXよりも取引コストがかかります。

いくら毎月の手間を減らしてくれるとはいえ、これなら通常のFXで毎月購入した方がいい。

手間もコストもかけたくないならインデックスファンドを毎月積み立てる方がおすすめです。

通常のFXより手間がかからない

積立FXの手間とコスト

毎月の積立を手間と考えるのなら、通常より広いスプレッドを取引コストとして受け入れるのもアリでしょう。

ただし、積立FXで儲ける可能性を考えると、インデックスファンドを積み立てる方がおすすめですね。

少額から投資が行える

少額から取引

少額投資は通常のFXでもインデックスファンドなどの積立投資でも行えます。

通常のFXは1通貨から、インデックスファンドは100円から投資できるようになっています。

>>少額10万円で自動売買&1万円で裁量で勝つ方法へ

円以外の資産が持てて円安対策になる

積立FXの円安対策

たしかに円安対策にはなりますが、それは通常のFXでもできます。

さらに海外株を対象としたインデックスファンドや投資信託でも可能です。

以上の積立FXの4つのメリットは、通常のFXやインデックスファンドを利用した方がよりメリットが大きくなるんだ。

ドルコスト平均法で購入価格が平均化される

スワップポイント狙いでは分散購入が重要

株や投資信託で使われるドルコスト平均法は、FXでは成立しづらいです。

ドルコスト平均法とは、一度にまとめて購入せず、毎月決まった金額で対象が高いときは少しだけ、安いときはたくさん買えるリスク分散投資法。

長期スパンでは右肩上がりの株価指数と違い、FXは上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場が基本だからです。

ゆっくり上昇する株価指数と違い、上下が激しいFXでは運が悪いと不利なレートで買い続ける可能性もあるぞ。

積立FXより自動売買の分散投資がおすすめ

FX初心者の稼ぎ方は自動売買で努力

FXでリスクを抑えつつ利回りを高めたいのなら、積立FXや手動で行う裁量トレードより自動売買がおすすめです。

ここからその理由と自動売買のメリット・デメリットを解説していきます。

>>初心者でも可能な自動売買の稼ぎ方へ

自動売買をおすすめするメリット

自動売買なら積立FXみたいな投資で、より利益を出すことも可能です。

中長期で売買利益が狙える

トラリピの含み損

自動売買は自分で行う裁量トレードで人気のスキャルピングやデイトレードといった短期売買と違い、中長期投資で稼いでいくのがメインとなります。

最初はマイナスになる含み損を抱えつつも、中長期のスパンで徐々に利益に変えていきます。

じっくりと取り組む自動売買は積立投資とも相性がいい。

積み立てることで資金に余裕が生まれ、ロスカットされづらく勝率を上げる効果もあるんだ。

実際に自動売買で勝っているトレーダーは、毎月数万円ずつ積み立てている人も多いです。

自動売買+積立投資はとても相性がいいんだ。

>>FX自動売買とは初心者の失敗をカバーする味方の詳細へ

公式サイトの実績も最高で勝率90%超え

FX自動売買の勝率

初心者の9割が退場するといわれる裁量トレードと比べ、自動売買は公式サイトで勝率90%以上の実績も出しています。

自動売買の種類によって数字は違いますが、一番手堅いリピート型自動売買は勝率70%以上がほとんど。

裁量トレードと比べて、公式サイトで数字を公表しているFX会社も圧倒的に多くなっています。

下の勝率ランキングで種類別の勝率をまとめています。

>>FX自動売買の勝率ランキングを見る

手間や時間もかからない

FXの時間がないときにおすすめ

積立FXほどとはいきませんが、自動売買も手間と時間がかからないのが魅力です。

設定とたまに修正を行うだけで裁量トレードより格段に時間がかからず、24時間寝ていても仕事をしていても売買を行ってくれます。

最初に設定に戸惑うかもしれませんが、あらかじめ決められた簡単設定もあり。

慣れるまでは修正も大変ですが、慣れれば1日数分チェックし、数ヵ月に一度修正するぐらいでOKです。

時間がないなら裁量よりダンゼン自動売買じゃ。

>>裁量VS自動売買FXの違いとおすすめを見る

投資信託のような分散投資も行える

FX自動売買は分散投資が有効

自動売買なら複数の通貨ペアで複数のポジションを取る、投資信託のような分散投資も行えます。

中長期投資がメインである自動売買では、複数のポジションにトラップを仕掛け、小さくコツコツ稼ぐという手法があります。

同時に複数のポジションを持つことで、リスクを分散させるまさに投資信託と狙いは同じ。

積立FXはもちろん、手動で行うのは大変なので裁量トレードでもできない自動売買ならではの戦略です。

これなら1つ1つの利益は小さくなるけど、裁量のように大負けするリスクも防げるんだ。

>>9割が負けるFXに勝つ分散投資術を見る

分散投資で億トレーダーになった人も

自動売買の分散投資でも億トレーダー

でもぉ~、分散投資だと利益も低いんでしょ?

そう思ったあなたに朗報。

自動売買の分散投資で億り人になった有名トレーダーもいます。

2016年に500万円で運用を始めて、毎月の積立資金も含めて2018年に1億円を達成、平均利回り12%とインデックスファンドを超える成績を残しています。

億トレーダーが実践している自動売買の分散投資のやり方は下の記事で詳しく解説しています。

>>億トレーダーも運用中『トラリピ』の詳細はこちら

自動売買でやる積立FXのデメリット

もちろん自動売買で積立FXをやるデメリットもあります。

売買で負けるリスクがある

FXで大負け

売買で失敗すれば、資産が増えるどころか減らす危険性があります。

投資の基本中の基本ですね。

もちろん、積立FXにもありますが、自動売買はトレードする回数が多いのでよりそのリスクが高まります。

いくら裁量トレードよりも公式が発表している勝率が高いとはいえ、絶対に損しない投資はありません。

投資をするなら負ける覚悟も必要じゃ。もちろん、積立FXにもそのリスクがあるのを忘れてはイカンぞ。

自動売買でも放置はできない

自動売買トレンド変化で大負け

自動売買を放置すると大損する危険性もあるので注意しましょう。

日々のチェックと相場が変化したら修正を入れないといけません。

特に自動売買は急なトレンドの転換に弱いため、そのときはすぐに修正しないと逆張りした不利なポジションを取り続けるというデメリットがあります。

裁量トレードと違って、任せているとすぐに対応できないのが自動売買の弱点だ。即修正するときは手動が一番。

>>FX名探偵タクジの自動売買の失敗を見る

種類によって特徴が違う

自動売買3種類を解説

自動売買は大きく分けて3種類ありますが、タイプによって特徴が違います。

自動売買の種類
  • リピート型:コツコツ小さく稼ぐ。細かい設定ができる
  • 選択型:システムを選ぶだけ。爆発力があるが負けるときも大きい
  • 開発型:自動売買が作れる。上級者向けで難しい

これから始める初心者ならリピート型か選択型。

より簡単なのはシステムを選ぶだけで自動売買ができる選択型です。

簡単さに加えて、リターンとリスクも違う。自分の性格や投資スタイルに合わせて選ぼう。

>>FX自動売買の種類と特徴の解説へ

簡単なタイプほどコストがかかる

FX会社 ツール 手数料
片道
スプレッド
米ドル/円
外為オンライン iサイクル2取引
リピート型
20円 0.9銭
インヴァスト証券 トライオートFX
3タイプ
20円 0.3銭
FX
ブロードネット
トラッキング
トレード
リピート型
20円 0.2銭
アイネット証券&
ひまわり証券
ループイフダン
リピート型
無料 2銭
マネースクエア トラリピ
リピート型
無料 3~4銭
マネー
パートナーズ
連続予約注文
リピート型
無料 0~0.3銭
インヴァスト証券 マイメイト
AI型
無料 3~5.2銭
みんなのFX みんなのシストレ
2タイプ
無料 1.9~3銭
FXプライム
byGMO
ちょいトレFX
2タイプ
無料 1銭
FXTF MT4
開発型
2円~ 0.1銭
オアンダジャパン MT4&MT5
開発型
無料 0.3~1.2銭
楽天MT4 MT4
開発型
無料 0.5銭

上の表で分かる通り、リピート型・選択型・開発型は取引コストも違います。

FX会社によって大きく違いますが、平均するとだいだい以下のとおり。

  • 開発型:裁量トレード並に安い
  • リピート型:積立FXよりちょっと高い
  • 選択型:一番コストが高い

使い方が簡単な自動売買ほどコストが高くなる傾向にあります。

その代わり一番コストが高い選択型は、AIで自動売買が行えるなど一番機能性も高いです。

機能が高いと開発費や維持費が高い分、コストも高くなります。

分散投資は設定が面倒くさい

自動売買の設定が面倒

億トレーダーも実践している分散投資ですが、複数の通貨ペアに複数のトラップを仕掛けるため、設定も面倒くさくなるのがデメリットです。

設定を行う手間もかかりますが、それぞれの通貨ペアを分析する時間もかかります。

しかし、積立FXで億トレーダーになるのはほぼ無理ですが、自動売買の積立投資なら億り人になった人もいます。

手間と時間をかけるだけのリターンは確実にあります。

なるべく手間を減らしたいなら選択型自動売買を活用すれば、細かい設定を行う手間は省けるぞ。

>>自動売買でやってはいけない儲からない7つの原因へ

おすすめのFX会社3選

自動売買の積立FXにおすすめ3社を厳選しました。

AIが自動売買『インヴァスト証券マイメイト』

インヴァスト証券『マイメイト』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
3~5.2銭 4~5.2銭 5~5.9銭
手数料 取引単位 通貨ペア
なし 5000通貨 16種類

積立FXとの相性がいい
  • AIを選ぶだけで自動売買を行ってくれる
  • 他と違ってAIが成長する自動売買
  • 積立や分散投資も簡単に行える

2022年にインヴァスト証券がリリースした『マイメイト』は、選択型自動売買が進化したAIがトレードを行ってくれます。

AIを選ぶだけなので分散投資も簡単、さらに他の自動売買と違ってAIが学習して進化していくという特徴もあります。

リスク回避のバランス型(攻め重視のトレンド型もあり)の当たりAIを見つけることができれば、あとはチェックしながら積立に集中できます。

コストは高いですが、一番積立や分散投資をしやすい環境が整っています。

\AIが進化していく自動売買/
インヴァスト証券『マイメイト』の詳細へ

勝率90%超え『外為オンラインiサイクル2取引』

外為オンライン『iサイクル2』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.9銭 1.9銭 3.4銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 26種類

手堅い自動売買
  • 勝率90%超えを連発
  • 初心者でも使いやすい簡単設定あり
  • トレンドを自動で追従する機能もあり

外為オンラインが提供する『iサイクル2取引』は、公式サイトが発表している勝率ではダントツの成績を残しています。

小さくコツコツ稼ぐリピート型自動売買は全体的に勝率が高いですが、その中でも90%超えを連発しているのはiサイクル2取引だけ。

リピート型は細かくイジれる分、設定が面倒ですがそこもあらかじめ決められた簡単設定を用意することでカバー。

それに加えて、自動売買の弱点であるトレンドの変化に対応する機能も付けたことで、リスクを抑えることにも成功しています。

\勝率99.62%も達成した自動売買/
外為オンライン『iサイクル2取引』の詳細へ

3つの自動売買が使える『インヴァスト証券トライオートFX』

インヴァスト証券『トライオートFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 17種類

種類と機能がトップクラス
  • リピート、選択、プログラム3つの自動売買が全て使える
  • 簡単設定&細かく設定どちらにも対応
  • 取引コストも安い

トライオートFXはリピート型をメインに選択型・開発型も利用できる自動売買です。

選ぶだけの簡単設定から自分で自動売買を作ることまでできる。

さらに同じインヴァスト証券なので、口座開設すればAI自動売買『マイメイト』も利用できます。

できることが多くて初心者は迷いますが、取引コストも3つの中では一番安く、使いこなせれば最強の味方となります。

\12戦9勝の高い勝率を実現した自動売買/
インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細へ

>>FX自動売買おすすめ比較ランキングを見る

自動売買で行う積立投資はこんな人におすすめ

自動売買で行う積立FXはこんな人が向いています。

FXで堅実に儲けたい人

FX自動売買はコツコツ稼ぐ

スワップポイント狙いの積立FXは仕組み的に儲けるのはかなり難しいですが、自動売買による積立FXなら為替差益で儲かる可能性は十分にあります。

長いスパンで上がっていくインデックスファンドと違い、上がったり下がったり繰り返すFXでは、やはり為替差益を狙わないと稼ぐのは難しい。

分散投資で実際に億トレーダーが生まれている再現性はありますが、当然ながら失敗する危険性もあります。

どんなスタイルをするにしろ、投資をするにはリスクは付きものなんだ。

設定や修正に時間が取れる人

FX自動売買の設定

自動売買で勝つには設定や修正に時間をかける必要があります。

裁量トレードより時間がかからないとはいえ、この二つに時間が取れないようなら資産を増やすどころかむしろ損失が増える。

一番簡単な選択型自動売買を使うにしろ、最低限の日々のチェックと分析が必要になります。

投資で稼ぐにはある程度の時間と勉強をしないと結果は出ないんだ。

投資信託より高い利回りを狙いたい人

投資信託でなく自動売買で分散投資をやるメリット

何も考えずにただ積立だけして資産を増やしたいなら、積立FXや自動売買より投資信託を行うのが一番確実です。

仕組み的に儲かるのが難しい積立FXは別として、自動売買で積立投資を行うのにおすすめな人は年信託より高い利回りを狙いたい人です。

選ぶ投資信託によって成績は変わりますが、平均するとだいたい利回り5%前後。

自動売買の分散投資の場合、実例が少ないですが有名トレーダーの成績は利回り10%を超えています。

もちろん、リターンが大きいということはそれだけリスクも大きいことは忘れてはイカンぞ。

不労所得で月10万円を儲けたい人

不労所得に自動売買をおすすめする理由

FXで月10万の不労所得をゲットしたいなら自動売買一択です。

他の投資も含めて比較すると分かりやすい。

月10万の不労所得に必要な資金
  • 高配当株:3000万円以上
  • スワップ投資:500万円以上、暴落すると吹っ飛ぶ
  • 自動売買:600万円以上、分散投資でリスク回避

高配当株は資金がかかりすぎますし、スワップ狙いは高金利通貨が不安定すぎて暴落の確率が高い。

数字とリスクから月10万の不労所得を狙うなら自動売買が一番現実的です。

有名トレーダーもスワップより自動売買を選んでいる人が多く、早い人は3年ちょっとで達成しているんだ。

>>FXで月10万の不労所得を稼ぐ方法を見る

積立FX&自動売買以外のおすすめ投資

積立FXで稼げないのは嫌だけど、自動売買ほど手間がかかるのも嫌!

そんな面倒くさがりなあなたにおすすめの投資3選も紹介します。

インデックスファンド積立が一番簡単

インデックス投資のメリット

積み立てるだけで資産を増やしたいならインデックスファンドが最強!

全世界か全米どちらかのインデックスファンドを20年・30年と買っていけば、利回り5%はほぼ確実なのは歴史が証明しています。

色々と考えるのが面倒な人は全世界or全米のインデックスファンド一択です。

思考停止で積み立てるだけなら、FXよりインデックスファンドの方が結果が出ます。

高配当株投資

高配当株のメリット

インデックスファンドより早い結果が欲しいなら、高配当株投資がおすすめです。

20年・30年と積み立てるインデックスファンドは時間がかかる上に、いざ使うときになかなか貯蓄を取り崩せない人が多いというデメリットがあります。

一方、高配当株なら定期的に配当金がもらえるのでそんなデメリットを考える必要もありません。

ただし、お買い得で長く配当金をくれる高配当株を探すのは大変なんだ。

>>【株とFXどっちが稼げる?】答えを見る

手動でスワップポイント狙いの長期FX

積立FXとFXのコストの差

株や投資信託よりFXがいいのなら、自動の積立FXではなく通常のFXを利用して自分で積み立てていきましょう。

手動で行えば積立FXよりスプレッドが狭くコストが安くなるのに加え、自分で狙って買えるのでスワップポイントだけでなく、為替差益も狙えるようになります。

1ヶ月に1回積み立てるだけなら、手動で行っても手間はそこまで大きくなりません。

小さな差でもそれを繰り返すことで最終的には大きな差になるんだ。

>>高スワップFX会社おすすめランキングへ

手動トラリピ(半自動売買)という手もある

手動トラリピの魅力

裁量トレードの他に、半自動売買が行える手動トラリピ(リピート注文)でスワップを狙う手もあります。

手動トラリピはどこのFX会社でも使えるイフダン注文を連続して行う手法。

設定の手間はかかりますが、その後は自動売買を行うことができます。

設定の手間はかかるが、コストは裁量トレードと同じに抑えることができるんじゃ。

>>裁量と同じ低コスト手動トラリピの詳細を見る

よくある質問

積立FXは絶対に儲からない?
絶対ではありませんが、FXの仕組み上かなり厳しいです。
自動売買で行う積立FXなら儲かる?
こちらも絶対ではありませんが、分散投資をメインに設定&修正を繰り返すことで結果を出しているトレーダーがいます。
積立FXと自動売買FXはどっちがリスクがある?
積立FXは長い期間をかけて最後に損するリスクがあり、自動売買は設定を間違うとすぐに損するリスクがあります。
積立FXと自動売買FXはうまくいけばどっちが儲かる?
ダンゼン自動売買です。億を稼いだ有名トレーダーもいます。
何も考えずに積み立てるだけで儲かる投資はないの?
それならFXより全世界か全米のインデックスファンドがおすすめです。

失敗する積立FX~儲からないデメリットを自動売買がカバーまとめ

積立FXには失敗するデメリットがある。
おすすめは自動売買で行うFXかインデックスファンドです。

10年・20年で見ると順調に上昇していくインデックスファンドと違い、上がったり下がったりのレンジ相場を繰り返すFXではただ積み立てるだけで成果を出すのは難しいです。

手数料が高くなるなど、積立FXには失敗するデメリットが詰まっているのでおすすめしません。

積立FXのまとめ

単純に積み立てるだけで儲けたいならストレートにインデックスファンド、FXで儲けたいなら自動売買で行う積立がおすすめです。

分散投資をすることで裁量トレードよりリスクを抑えつつ、利益を狙える手法です。

積立FXのポイント
  • 積立FXは失敗するデメリットが多い
  • 儲けられるかどうかは運次第
  • スワップ狙いなので儲けられても金額は小さい
  • インデックスファンドを積み立てる方が可能性が高い
  • FXなら自動売買でリスクを抑えてさらに利益も狙える

自動売買用のFX会社選びのまとめ記事は以下に。

>>自動売買におすすめのFX会社比較ランキングを見る