自作できる開発型FX自動売買~MT4・MT5・AIでプロに対抗

開発型で自動売買自作のサムネ

裁量トレードで350万、自動売買で40万負けてたから復活したFX名探偵タクジです。
今回は自動売買の自作の可能性について。

この記事で分かること
  • 自動売買の自作のやり方は?
  • 種類とおすすめFX会社
  • 自作するメリット・デメリット

裁量トレードよりも再現性が高いのは自動売買の魅力です。

そんな自動売買の中でも自作は、FX会社が提供しているシステムにはない強みがある。

その魅力からある程度経験を積むと、自分で作成する選択肢が生まれます。

MT4などの自作の自動売買は難易度が高い

有名なMT4やその後継機であるMT5、さらに日本のFX会社が提供している独自型。

これらで勝てる自動売買が作れれば、プロにも対抗できると言っても過言ではありません。

ただし、ハードルが高いので初心者の内は自作はおすすめしません。

目次 非表示

開発型とは自動売買が自作できるシステム

開発型・開発型の特徴

自宅できる自動売買システムをまとめて、開発型、または設定型やプログラム型と呼びます。

まずはその種類について解説します。

世界的人気のMT4(メタトレーダー4)

MT4

自動売買が作れるツールとして一番有名なのが、海外で開発されて大人気のメタトレーダーことMT4です。

2005年に登場した無料ソフトでありながら、いまだに世界でも日本でも人気。

世界数百万人のトレーダーが利用し、プロも愛用するほどの機能性です。

EA(エキスパートアドバイザー)を使って自動売買が作れるだけでなく、分析ツールとしても超がつくほどの優秀な無料ソフトです。

2010年代前半ぐらいまでは、自動売買というとMT4の名前を挙げる人が圧倒的に多かったんだ。

>>MT4自動売買のEAリスク&メリットへ

MT4の正統なる後継機MT5(メタトレーダー5)

MT5

MT4の後継機として2010年にMT5も登場しています。

後継機なのでMT4よりも機能性がアップしたのに加え、動作も軽くなっています。

パワーアップしたことでこちらも世界で普及すると見せかけて、自動売買を行うEAに互換性がないことが原因でイマイチ不人気。

MT4と互換性のあるMT6の登場も噂されていますが、10年以上経ってもいまだに登場していません。

メインのEAに互換性を持たせなかったのは最大の失敗だ。

>>【最強対決】MT4とMT5の違いを徹底比較へ

日本独自型

トライオートFXの自動売買作成

海外で開発されたメタトレーダーに対し、日本でも独自の自動売買が自作できるシステム開発しています。

メタトレーダーは高機能な分、自動売買は作るのは難しい。

そんな弱点を補うように、日本の独自型は簡単に自動売買が作れるようになっています。

簡単に作れる点ではMT4やMT5に圧勝じゃ。

AI設定型

インヴァスト証券『マイメイト』のエージェント

令和になって新しく登場したのかAI搭載の自動売買です。

これだけでも新しいですが、AIもさっそく自動売買が作れるタイプが登場。

しかもこちらも、設定を選んでいくだけで簡単に作成できるようになっています。

簡単に作れる上に、AIが調整トレードするので初心者でもそこそこまともなものが作れます。

自動売買を自作する方法の違い

タイプによって自作のあり方が大きく変わります。

MT4&MT5はEAが必要

MT4とEAはセット

メタトレーダーはそれ自体が自動売買が行えるわけでなく、EAと呼ばれる自動売買プログラムを組み込むことで行えるようになります。

このEAは無料&有料で他から手に入れるだけでなく、自分で作成することもできます。

ただし、自作するには高度なプログラミング技術が必要です。

高機能ですが作るのが難しいのがメタトレーダー。

簡単に作れるお助けツールもあるけれど、それでもやはり初心者にはハードルが高過ぎるんだ。

日本独自型はテクニカルやチャートを設定するのみ

トライオートFXのチャートリメイク

日本独自型はシステムによって多少変わりますが、テクニカル指標を選んで設定するだけで作れるタイプはほとんど。

どんなテクニカル指標を組み合わせるかは悩みますが、ある程度選択肢が狭まっていることもあり、メタトレーダーよりも簡単に作ることができます。

さらに、チャート上から直感的に作成出来るタイプもあります。

作るだけなら10分もあれば完成だ。

AI型も簡単に自作できる

マイメイトのエージェント作成法

AI型もテクニカル指標や参考にするニュースを選ぶだけで自作できます。

こちらも選択肢が決まっているので、作るだけなら10分もあれば完成。

さらにこちらはAIが調整してトレードしてくれるため、3つの中では一番まともな自動売買が作りやすいです。

慣れるまでハードルが高い自作の中でも、一番期待できるのがAIじゃ。

MT4・MT5・AI開発型におすすめのFX会社を比較

FX会社 ソフト名 コスト メリット
FXTF MT4 3円~ 日本最狭水準
スプレッド
トライ
オートFX
独自型 23円 リピート型と
選択型も使える
ちょいトレ
FX
独自型 10円 選択型も使える
オアンダ
ジャパン
MT4&MT5 3~12円 オリジナル
分析ツールあり
楽天証券 MT4 5円 大手証券口座で
唯一MT4が使える

各タイプに分けて、それぞれのシステムが使えるおすすめの FX 会社を比較しました。

MT4&MT5おすすめ国内業者

メタトレーダーは無料ソフトですが、使用を許可しているFX会社じゃないとトレードが行えません。

ここではサポートが安心な国内業者&日本支社があるところのみをピックアップしました。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)『MT4』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.1銭 0.3銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
2円~ 1000通貨 30種類

MT4ではダントツNo.1
  • スプレッドの狭さは日本最狭レベル
  • 安心の国内業者
  • MT4ではNo.1の10万口座超え

MT4を利用したいのであれば、FXTF一択と言っても過言ではありません。

その理由は裁量トレード系を含めても、日本最狭レベルのスプレッドの狭さと、日本のMT4提供会社ではNo.1となる口座開設数を誇っているから。

香港の金融会社ゴールデンウェイグループの日本FX会社、安心の国内業者となっています。

MT4系の中では頭一つ抜けた存在となっています。

\日本FX会社No.1水準のスプレッドの狭さ/
FXTF『MT4』の詳細はコチラ

OANDA JAPAN(オアンダ・ジャパン)『MT5&MT4』

オアンダジャパン

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3~1.2銭 0.4~1.3銭 0.9~2.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 40種類

MT5では最強
  • MT4とMT5の両方が使える
  • MT5のスプレッドの狭さは日本No.1
  • MT5の方がスプレッドが狭い

国内では数少ないMT5対応業者であり、MT4も利用することができます。

MT4ではFXTFですが、あちらはMT5に対応しておらず、MT5系ではスプレッドの狭さもNo.1。

アメリカに本社があるOANDAグループの日本の証券会社なので、海外業者よりはサポート対応も良いです。

ちなみにスプレッドは、MT4よりMT 5の方が若干狭くなっています。

MT5系では頭一つ抜けた存在なんだ。

\MT4もMT5も使える/
OANDA JAPAN『MT4&MT5』の公式サイトへ

楽天『MT4』

楽天MT4

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.5銭 1.1銭 2銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 24種類

国内中の国内
  • 日本の大手証券会社では唯一MT4が使える
  • 安心の大手国内業者
  • 取引で楽天ポイントも貯まる

楽天という大手国内業者として、安心度とサポートはメタトレーダー系では一番です。

さらに取引すると楽天ポイントも貯まり、楽天経済圏の人にとってはメリットだらけの証券会社です。

ただし、スプレッドは上の二つと比べると不利な弱点があります。

スプレッドに目をつぶることができれば、楽天をメインに使うのもアリだ。

\大手証券口座でMT4が使える/
楽天MT4口座の詳しい解説へ

日本独自型おすすめFX会社

MT4やMT5より簡単に自動売買が自作できます。

インヴァスト証券『トライオートFX』

インヴァスト証券『トライオートFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 17種類

複数の選択肢から選べる
  • テクニカル指標から作れる
  • チャートからも作成可能
  • 3つの自動売買が利用できる

機能の多さではメタトレーダーを超えるのがトライオート FXです。

日本独自型の定番であるテクニカル指標から作成できるのはもちろん、チャートから直感的に自作もできます。

さらに作成以外にも、リピート型・選択型の自動売買も行え、機能の豊富さはNo.1クラスです。

この口座を持っておけば、だいたいのことはできるぞ。

\12戦9勝の高い勝率を実現した自動売買/
インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細へ

FXプライム byGMO『ちょいトレFX』

FXプライム byGMO『ちょいトレFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1銭 3銭 3銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 14種類

簡単さと高機能を両立
  • マウス操作だけで自作が可能
  • テクニカル指標を選ぶだけ
  • 取引コストの安さもMT4に迫る

一番簡単に自動売買は作れるのがこのちょいトレFXです。

トライオート FXよりさらに簡単に、マウスでテクニカル指標は選んでいくだけで完成。

完成後に自動調整も行なってくれるので、適当に作ってもありえないある程度はキッチリとしたものができます。

さらに取引コストも日本独自型では一番安くなっています。

シンプルでコストも機能も優秀です。

\簡単さと高機能を両立した選択型自動売買/
FXプライム byGMO『ちょいトレFX』の詳細へ

AI型おすすめFX会社

簡単さは日本独自型と同じぐらいでありながら、成長具合にAIならではの魅力があります。

インヴァスト証券『マイメイト』

インヴァスト証券『マイメイト』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
3~5.2銭 4~5.2銭 5~5.9銭
手数料 取引単位 通貨ペア
なし 5000通貨 16種類

エージェントという名のAI
  • 簡単5ステップで完成
  • 教育方針も選べる
  • 稼働後も自主学習で進化する

最先端のAI自動売買も簡単5ステップで自作が行えます。

他との最大の違いは教育方針を選べるという点ですね。

自動売買を始めた後も自主学習と育成で進化すると、作成した後も調整ができるという点が魅力です。

AIが進化すれば、他とは違った対応力も期待できそうだ。

\AIが進化していく自動売買/
インヴァスト証券『マイメイト』の詳細へ

他の自動売買&裁量トレードと比較

他の手法やシステムと違いを中心に比較します。

裁量トレードはMT4&MT5と通じる

裁量と自動売買の違いは再現性

裁量トレードはセンスや才能が必要な世界です。

一番重要な未来のチャートを読む部分が、自動売買のように再現性がなく、誰でもできるわけではないからです。

一から作っていくメタトレーダーも、勝てる自動売買を作るにはこの相場を読むセンスが必要。

裁量トレードで勝てるトレーダーなら、MT4やMT5の自作も有利になります。

裁量トレードに挑戦するなら、チャレンジして自分が向いているかどうか客観的に判断しないといけないんだ。

>>【裁量VS自動売買】大負けの危険性を減らす対策へ

勝率No.1リピート型

リピート型自動売買の勝率

一定のルールで売買を繰り返すリピート型は、大勝ちはしないけれども小さくコツコツと稼ぐ自動売買です。

特にFXの7割を占めると言われる上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場に強く、勝率の高さで人気を集めています。

公式が発表している数字では、勝率も利益実績もNo.1。

さらに口座開設数も一番です。

初心者におすすめの自動売買システムじゃ。

>>【二冠達成】リピート系FX自動売買の詳細へ

選択型は開発型の完成形

選択型自動売買の特徴

あらかじめ用意された自動売買プログラムを選ぶだけ、簡単さ一番が選択型です。

この用意されているプログラムは、FX会社や他トレーダーが作ったもの。

いわば開発型自動売買をプロや有力トレーダーが完成させたものです。

手間賃として開発型より取引コストが高くなっています。

選択型はトレンドでドカン!と勝つプログラムが多くなっています。

>>【トレンドに強い】選択型自動売買の詳細へ

MT4&MT5の自作EAメリット

他とは違うメタトレーダーならではの強みを解説。

EAを使ってプロのような自動売買が作れる

MT4のすごいところ

メタトレーダーの最大の特徴は、細かく自動売買が自作できるところです。

作成するハードルは高いですが、使いこなせばプロのような自動売買を作ることも可能。

実際にメタトレーダーで使われるEA(自動売買プログラム)の中にはプロが作ったものも存在しますから。

自分の腕を上げていけば、こういったEAを作成し、相場に合わせて調整することもできるのです。

高機能なだけに使いこなせたときの可能性も大きいんだ。

>>【最強対決】MT4とMT5の違いを徹底比較へ

他トレーダーが作った無料EAも使える

メタトレーダーでは他のトレーダーが作ったEAも使うことができます。

自作できるので無料で配っているトレーダーもいます。

無料で配布する理由は、自分が作成したEAを使用してもらうと開発者に手数料が入るから。

そのため、無料EAの多くは口座開設とセットになっていることが多いです。

両者にメリットがあるから、無料配布しているトレーダーも多いんだ。

>>MT4EAの無料配布サイトを見る

有料のEAも存在する

MT4有料EAサイト販売テラス

メタトレーダーのEAには有料のものも存在します。

有料版は個人販売だけではなく、販売サイトも存在します。

詐欺商材を買わないためにも、有料版を購入する際は信用できる販売サイトの利用をおすすめ。

優良なEAを買うことができれば、無料EA以上の結果を期待できます。

ただし、有料版は無料以上に選ぶときに気を付けんといかんぞ。

>>有料EA販売サイトシステムトレードの『テラス』へ

チャート分析もプロ並

MT4のチャート

メタトレーダーは自動売買だけではなく、チャート分析ツールとしても超優秀です。

多種多様なチャートや分析ツールは存在し、複数組み合わせることが出来る。

プロのトレーダーも利用しているほど高機能です。

分析ツールとして使うなら互換性も必要ないので、MT4よりMT5の方が湯優秀です。

カスタマイズ性も高い

MT4の取引画面

メタトレーダーはカスタマイズ性も高く、自由自在に画面や分析ツールをイジることができます。

トレーダーにとって取引画面は重要。

それを自由自在にカスタマイズできる点も、MT4やMT5が世界中のトレーダーに愛されている理由です。

分析目的にメタトレーダーを使っている人も多いんだ。

MT4&MT5のEAデメリット

初心者にはハードルが高い点を中心にピックアップ。

自動売買を作るのは非常に難しい

MT4で自動売買を作る

メタトレーダーで自動売買を自作するには、プログラミング技術が必要です。

それもブログなどをいじれる程度の軽いものではなく、本格的なプログラミング技術が必要。

開発画面は英数字の羅列で、プログラミングが分からないと全く理解できないと思います。

これだけでも初心者にはハードルが高すぎる。

僕もチャンレジしましたが難しすぎてダメでした。

>>FX名探偵タクジの成功と失敗の体験談へ

EAは当たり外れが激しい

MT4のEAは当たり外れがある

自分で自動売買が作れないなら他の人のEAを使えばいい…と思うかもしれませんが、こちらもそんなに簡単ではありません。

なぜなら無料配布はもちろん、有料EAでも当たり外れが大きいからです。

一般的な商品のような第三者が厳しくチェックするなどはないので、中には詐欺まがいの家もあります。

また当たりEAを見つけたとしても、相場の変化と共に使えなくなる場合もあります。

他人のEAを使うなら、当たり外れを見極める目が必要じゃ。

別にVPS(仮想専用サーバー)も必要

MT4にはVPSが必須

MT4もMT5も24時間自動売買をやろうと思うと、自宅のPCの電源を付けっぱなしにしないといけません。

FX会社が提供する自動売買の場合は向こうが管理してくれますが、無料ソフトのメタトレーダーは電源を切るとストップしてしまうからですね。

PCの電源を付けっぱなしにせず自動売買を行うには、VPS(仮想専用サーバー)を用意するしかありません。

月額2,000円ほどが別にかかります。

別に費用がかかるのも痛いですが、契約や設定をしないといけないのも面倒。

>>FX専用VPS『お名前.com デスクトップクラウド』へ

MT4とMT5のEAは互換性がない

MT4とMT5は互換性がない

同じ会社が作ったのになぜかMT4とMT5は互換性がありません。

そのため機能も速度もパワーアップしたMT5ですが、MT4で作ったEAが使えない理由から利用者がイマイチ伸びず。

いまだにMT4を利用しているトレーダーの方が圧倒的に多くなっています。

MT4と互換性のあるMT6を早く開発して欲しい。

対応している国内業者が少なく、EAはサポート外

MT4のサポート

メタトレーダーが使えるFX会社はほとんどが海外で、純粋な国内業者は楽天のみです(他は海外が拠点のグループ会社)

公式サイトの見た目の違いなど、文化が違うためか外資系は国内の会社とは勝手が違うところが多い。

さらにEAに関しては国内・海外問わずにサポートの対象外となっています。

メタトレーダーを使うなら、ある程度は自分で解決する覚悟が必要だ。

AI&独自型で自作するメリット

日本の独自型はメタトレーダーとは違う魅力があります。

MT4やMT5より簡単に作れる

MT4以外でも自動売買は作れる

最大の違いはメタトレーダーよりも、簡単に自動売買が自作できるところです。

テクニカル指標を選ぶかチャートから直感的に作る。

最新のAIであっても5ステップで作れる手軽さが魅力です。

メタトレーダーを使う前にまずはこちらから試しても遅くないぞ。

簡単な割に高性能

ちょいトレFXのストラテジーを作成する

作るのは簡単な割に出来上がりも悪くないというのも魅力です。

分析にも使うテクニカル指標やニュースを元に作るだけあって、初心者が作っても的外れな自動売買にはなりにくい。

自分である程度の分析ができるなら、さらにその精度は上がります。

簡単だから機能がイマイチということはありません。

複数の作り方&調整機能も

ちょいトレFXのストラテジーをテスト&修正する

日本独自型では自動売買を作る機能も充実しています。

インヴァスト証券のトライオートFX では、テニカル指標とチャートの2種類の作成方法が選べる。

FXプライム byGMOのちょいトレFXは、作り方はテクニカル指標を選ぶのみですが、作ったプログラムの自動最適化機能が付いています。

メタトレーダーと比べると簡単な上に完成度が高いものを作りやすい。

プログラミングを覚えるより、こっちでトライ&エラーした方が早そうだ。

AIは進化する

AI自動売買は成長していく

AIは自作が簡単なだけではなく、完成後も進化するというのが大きな違いです。

これは世界で大人気のMT4にもない機能。

インヴァスト証券のマイメイトは、エージェントと呼ばれる AIが自主学習や育成によって成長していきます。

さらに作成時には教育方針も選べるようになっています。

完成後も変化していく点が今までの自作自動売買との大きな違いだ。

国内業者なのでサポートも安心

FX会社のサポートの違い

日本独自型なのでメタトレーダーと違い、提供会社はすべて国内業者という安心感があります。

インヴァスト証券はシステムトレードNo.1業者と言ってもいい存在なので、サポートは特に信頼できます。

さらに海外がメインのMT4と違い、ブログやSNSで国内トレーダーの発信する情報が多いという点もメリットです。

情報の多さはサポートだけでなく、勝つための攻略としても使えるぞ。

AI&独自型のデメリット

簡単・高機能でも弱点はあります。

勝てる自動売買を作るのは難しい

自作の自動売買の罠

日本独自型は作るのが簡単で調整機能もあり、ある程度のものはすぐにできます。

が、勝てる自動売買を作るのはやはり難しい。

稼ぐためにはどのテクニカル指標やニュースが効果的なのかを知る必要があり、それの組み合わせ方も考えないといけないからです。

裁量トレードやメタトレーダーよりは複雑ではありませんが、それでもある程度の分析力は必要となります。

作るのは簡単とはいえ、勝つ自動売買を作るのはやはり初心者には難しい。

MT4&MT5より取引コストが高い

FX会社 ツール 手数料
片道
スプレッド
米ドル/円
外為オンライン iサイクル2取引
リピート型
20円 0.9銭
インヴァスト証券 トライオートFX
3タイプ
20円 0.3銭
FX
ブロードネット
トラッキング
トレード
リピート型
20円 0.2銭
アイネット証券&
ひまわり証券
ループイフダン
リピート型
無料 2銭
マネースクエア トラリピ
リピート型
無料 3~4銭
マネー
パートナーズ
連続予約注文
リピート型
無料 0~0.3銭
インヴァスト証券 マイメイト
AI型
無料 3~5.2銭
みんなのFX みんなのシストレ
2タイプ
無料 1.9~3銭
FXプライム
byGMO
ちょいトレFX
2タイプ
無料 1銭
FXTF MT4
開発型
2円~ 0.1銭
オアンダジャパン MT4&MT5
開発型
無料 0.3~1.2銭
楽天MT4 MT4
開発型
無料 0.5銭

取引コストの差は上の比較表で一目瞭然。

簡単な反面、コストが高いのも弱点です。

MT4や MT5よりもスプレッドが広い上に、システムによっては別に売買手数料もかかります。

ここが無料ソフトのメタトレーダーとの大きな違いです。

同じように勝てるなら、コストの分はメタトレーダーより損してしまうんだ。

使えるFX会社が極端に少ない

開発型のコスト

メタトレーダーも使える国内業者は少なかったですが、日本独自型はそれ以上に少なくなっています。

現時点で自動売買が作れるのはインヴァスト証券とFXプライム byGMOの2社のみ。

AI型に関してはインヴァスト証券1社のみとなっています。

最大でも2つのみというのはあまりにも少なすぎる。

会社によって作り方が違う

開発型の自作自動売買の作り方の違い

インヴァスト証券とFXプライム byGMOで作り方が違うのも厄介です。

MT4とMT5のように作り方が同じであれば応用が利きますが、違う場合はまた一から覚え直してトライ&エラーで勝ちパターンを見つけていかないといけません。

テクニカル指標やニュースからの作成は被る部分がありますが、チャートから自作できるのはトライオートFXのみ。

このやり方が合う人にとっては、マイメイトやちょいトレFXでの作成は戸惑うかもしれません。

覚える時間も考えると、どちらも試すのは大変なんじゃ。

デモトレードが行えない

FXデモトレードなし

バックテストは行えますが、デモトレードが行えないのは厄介です。

自作の自動売買はどう動くか分からないのでまずは試したいのにそれが出来ない。

さらにトライオートFXもマイメイトもちょいトレFXも、デモトレード自体が一切できません。

既存の自動売買プログラムも、本取引前に試すことができないのは痛いです。

自動売買=怖いと考える人もいるのは、デモトレードで試せないのも理由の一つでしょう。

よくある質問

MT4は難しい?
難しいです。初心者にはおすすめしません。
MT4とMT5ではどっちがおすすめ?
性能はMT5が上ですが、EAの多さと国内業者の多さでMT4です。
自作を使いこなせば最強なのは?
MT4か進化するマイメイトのAIです。
プログラミングを覚えてまでMT4は使う価値がある?
ないです。プログラミングを覚える時間をFXの分析に使った方が効率的です。
開発型の自動売買で儲かる?
勝てる自動売買を作れれば。ただし、それを作るのはかなり難しいです。

自作できる開発型FX自動売買~MT4・MT5・AIでプロに対抗まとめ

開発型は裁量トレード並に難しい。だからこそ、使いこなせれば強い味方となる。

開発型で自動売買を自作するのはかなりハードルが高いです。

中級者以上向けと言う人もいますが、自分で触った手応えとしては上級者向け。

作るのも大変なあれば、それを使って勝つのはさらに大変です。

開発自動売買のまとめ

難易度的には裁量トレードで勝つぐらいのレベル。

だからこそ使いこなせれば、裁量トレードのような爆発的な利益を時間の融通が利く自動売買で稼ぐことができるのです。

開発型自動売買の知っておきたいこと
  • 開発型で勝てる自動売買を作るのは難しい
  • MT4とMT5は自作するだけでも大変
  • MT4とMT5は互換性がない
  • 日本独自型は作るだけなら簡単
  • マイメイトのAI型は完成後も進化する

自動売買向けのFX会社選びは以下の記事を参考にしてください。

>>自動売買おすすめFX会社比較ランキングを見る