プロも使うMT4自動売買の儲からないリスクはEA~おすすめ国内FX会社で解決

MT4自動売買失敗リスクのサムネ

350万大損で裁量センスなしと感じてから自動売買で反撃しているFX名探偵タクジです。

この記事で分かること
  • MT4の強みと儲からないリスク
  • 儲かるためにやるべきこと
  • おすすめの国内FX会社

使いこなせれば最強。

そんな呼び声も高いMetaTrader(メタトレーダー)ことMT4のメリット・デメリットを徹底解説していきます。

MT4は使いこなすのが難しい

稼ぐためにやっておきたいこと。

そして、稼ぐために選びたいMT4対応国内 FX業者も紹介して行きます。

機能性・カスタマイズ性・自動売買のすべてが高レベルなのがMT4の強みです。

\すぐにMT4おすすめFX会社をチェック/
MT4自動売買おすすめ国内FX業者ランキングはこちら

目次 非表示

MT4とはプロも愛用する無料ソフト

MT4

MT4とは2005年に海外で開発されたFX無料ソフトです。

無料なのに高性能。

それもあって国内海外含めて数百万人を超えるトレーダーに愛用されています。

なかにはプロトレーダーも存在し、2005年のソフトでありながら令和の現在でも人気は衰えていません。

2010年に後継機のMT5が登場してもMT4の方がいまだに人気が高いんだ。

>>MT4(メタトレーダー)の公式サイトへ

EAを使って自動売買が行える

MT4とEAはセット

MT4の最大の魅力は、EA(エキスパートアドバイザー)を利用することで自動売買が行えることです。

MT4がゲームの本体なら、EAはそのソフトといった感じ。

会社・個人・プロと様々な人がEAの開発を行っています。

EAを入れ変えることで多種多様な自動売買を行うことができます。

EAも軽く万を超えるほど充実していて、2010年代前半までは自動売買=MT4というぐらいの存在感でした。

今でも新しいEAが開発されるほどの人気だ。

使う前にテストも行える

MT4のテスト

MT4ではFX会社でデモトレードは行えるだけでなく、EAを稼働させる前にバックテストとフォワードテストの二種類を行うこともできます。

  • バックテスト:過去の相場を使う
  • フォワードテスト:現在の相場を使う

バックテストは良い成績が出るように条件をイジることもできるのであくまで参考程度に。

逆にフォワードテストは現在の相場を使ってデモトレードを行うので、この数字が良ければ期待できます。

これらのテストをEA稼働前にじっくりと行うことができるのもMT4の強みです。

テストなので絶対ではないが、それでも本番ぶっつけで自動売買するより計算ができるんじゃ。

自動売買を自作できる

MT4のすごいところ

EAは他のトレーダーが開発したものを使うだけでなく、自分で作ることもできます。

自作の自動売買で勝負する。

自分で作ったのだから相場の変化に合わせて調整もしやすい。

FX会社が用意した自動売買ソフトとは違うトレードができます。

ここが使いこなせばMT4が最強と言われている強みです。

チャートやテクニカル分析も高機能

MT4のチャート

MT4は自動売買が出来るだけでなく、分析ツールとしても最強という呼び声もあります。

テクニカル指標が豊富な上に高度なチャート分析も行える。

さらに画面のカスタマイズ性もトップクラスと、自動売買は行わなくても分析用としてMT4を利用しているトレーダーも多くいるほどです。

JFXのように自動売買は行えないけど、分析ツールとして利用できるようにしているFX会社もあるんだ。

プロも含む世界数百万のトレーダーが使っている

MT4の人気

MT4は分析ツールとしても、自動売買ソフトとしても、世界で一番使われているFXツールです。

業者はプロも含む国内海外合わせて数百万人のトレーダー。

利用者が多いからこそ、情報が豊富なのもMT4の強みの一つです。

FX会社が提供しているソフトじゃなくても、ここまで人気なら安心感がある。

MT4自動売買には儲からないリスクがある

最強と呼ばれるMT4ですが、日本国内で圧倒的に広まっていないのには理由があります。

MT4は海外業者がメイン

MT4は海外のFX業者が多い

最大のネックはMT4が海外で開発されたこともあり、利用できる業者の多くが海外業者となっていることです。

海外FX業者=詐欺というわけではありませんが、言葉の壁と文化の違いがあるのは間違いありません。

実際に日本とはルールやレバレッジなどの違いがあり、突然倒産してお金が戻ってこないという問題も起こっています。

MT4を使うためだけに、わざわざ海外業者を選ぶのはリスクが高すぎます。

初心者がいきなり海外業者を利用するのは絶対にNGじゃ。

手数料無料と見せかけてEA取引手数料がかかることも

FX会社 ツール 手数料
片道
スプレッド
米ドル/円
外為オンライン iサイクル2取引
リピート型
20円 0.9銭
インヴァスト証券 トライオートFX
3タイプ
20円 0.3銭
FX
ブロードネット
トラッキング
トレード
リピート型
20円 0.2銭
アイネット証券&
ひまわり証券
ループイフダン
リピート型
無料 2銭
マネースクエア トラリピ
リピート型
無料 3~4銭
マネー
パートナーズ
連続予約注文
リピート型
無料 0~0.3銭
インヴァスト証券 マイメイト
AI型
無料 3~5.2銭
みんなのFX みんなのシストレ
2タイプ
無料 1.9~3銭
FXプライム
byGMO
ちょいトレFX
2タイプ
無料 1銭
FXTF MT4
開発型
2円~ 0.1銭
オアンダジャパン MT4&MT5
開発型
無料 0.3~1.2銭
楽天MT4 MT4
開発型
無料 0.5銭

上の比較表を見れば分かる通り、MT4はスプレッドも狭く、取引手数料も基本的には無料です。

そのため総コストでは自動売買の中でも圧倒的に有利…と見せかけて、FXTFのみ手数料がかかっています。

これはEA取引手数料で、自動売買を行うと片道分だけ手数料がかかります。

FX会社によって変わるので、海外業者をおすすめしない理由はここにもあります。

しっかりと確認しないと無料と思ってトレードしていたら、気付かずに取られていたなんてこともあります。

FX会社がEAをサポートしていない

MT4のサポート

MT 4が使えるFX 会社でもEAはサポートしていません。

これは海外業者だけではなく国内業者でも同じ。

EAで何かトラブルが起こっても自己責任となってきます。

チェックが甘い分、中には詐欺EAも存在します。

ここがMT4自動売買のハードルを高くしている最大の理由なんだ。

自動売買を行うにはMT4を稼働し続けないといけない

MT4自動売買にはVPSが必要

MT4はFX会社が提供しているソフトではないため、自動売買を行うにはインストールしたPCなどをずっと稼働し続けなければいけません。

24時間PCを稼働し続ける。

これはPCの寿命的にも、電気代的にもあまり現実的ではありません。

しかも停電などのトラブルが起これば、自動売買はストップしてしまうというリスクもあります。

ごく一部のFX会社を除き、サーバー問題はVPSを借りて自分でなんとかしないといけない。

後継機のMT5とは互換性がない

MT4とMT5は互換性がない

2010年に登場したMT5は、MT 4よりもチャートなどの分析ツールが豊富で、動作も軽くなってより高機能になっています。

なのに MT4より人気がないのは、EAの互換性がないから。

せっかくMT4で集めたEAがMT5では使えないのです。

そのため、トレーダーの中にはMT5はMT4の後継機ではないと言う人もいるぐらいです。

令和に入った今もMT6の登場の予定はないんじゃ。

>>【最強対決】MT4とMT5の違いを徹底比較へ

EAの儲からないリスク

EAにも稼ぐために弱点となる部分があります。

EAは当たり外れが大きい

MT4のEA選びは難しい

世界中で開発されているEAは数も膨大ですが、それだけに当たり外れも非常に大きくなっています。

優良EAもありますが、外れの中には全く使えないものもあります。

MT4で自動売買を行うなら、まずはEAの良し悪しを見極める力が必要です。

初心者にはこの見極め作業も難しいんだ。

無料EAは海外業者がメイン

MT4にはEAには法人の無料配布サイトもあり。

EAの中には無料のものも存在します。

個人トレーダーが配布していることもありますが、メインとなるのは口座開設と共にもらえる無料EA。

しかしこれらは海外FX業者がメイン。

無料EAでも試すのも大変です。

無料EA配布サイトは法人のものもあるが、こちらも海外の会社がメインとなっている。

有料EAでも油断できない

MT4のEAは当たり外れがある

有料でも外れEAはあります。

高いお金を出したからといって必ずしも勝てるわけではないのです。

それどころか中には詐欺商材すらあります。

特に会社を通さず個人で販売している有料EAは絶対に手を出すべきではありません。

有料EA選びは無料以上に気をつけんとイカンぞ。

ずっとは勝ち続けられない

MT4のEAはずっと勝てない

優良EAを見つけたとしても、それでずっと勝ち続けることはできません。

なぜなら相場が変化すると、対応できなくなることがあるからです。

どんな相場にも100%対応できるEAはありません。

優良EAにも賞味期限や得意不得意の相場があるのです。

相場に合わせて設定を簡単にイジれないのもMT4自動売買のハードルの高さ。

自作EAは難易度が高い

それなら自分でEAを作ればいいのでは?

確かにそれなら問題があっても設定を修正していけばいいだけです。

しかしMT4で自作を行うには、高いプログラミング技術が必要。

MT4で自動売買を作る

これだけでもハードルが高いのに、勝つ自動売買を作るには相場の未来を読む分析力も必要です。

初心者であれば、プログラミングと分析力の二つを覚えないと自作は行えません。

ここを一から覚えるなら他の自動売買ソフトを使った方が効率がいいんだ!

MT4自動売買で儲けるための5つのポイント

弱点やリスクを回避し、MT4で稼げる方法をまとめました。

国内のFX証券会社&業者を選ぶ

FX会社のサポートの違い

利用するFX会社は国内業者を選びましょう。

EAのサポートがないとはいえ、MT4やその他のサポートは行ってくれます。

高レバレッジ・出金・取引環境・倒産などのリスクを回避できます。

数は少ないが国内業者にもMT4を使えるところはある。

24時間稼働できるVPSを導入する

MT4にはVPSが必須

MT4で自動売買をするならVPS(仮想専用サーバー)を利用するのは必須です。

VPSとはサーバー上でMT4などのソフトを稼働できるサービス。

VPSを導入すれば、自宅のPCの電源を切っても自動売買を続けることができます。

もちろん、家で停電などのトラブルが起こっても問題ありません。

FX専用のVPSなどもあるんじゃ。

>>FX専用VPS『お名前.com デスクトップクラウド』へ

無料EAは避ける

MT4無料EAの弱点

無料EAは選択肢から外しましょう。

もちろん無料EAにもいいものはありますが、そのメインは海外FX業者の口座開設が必要。

しかも、口座縛りがあることが多いので、EAだけもらって国内業者で使うこともできません。

それ以外の個人が配布しているものは情報が少なすぎてリスクが高過ぎます。

それでも海外業者の口座開設をする、個人のものも入念なテストしてから試すという方法もありますが、手間と時間がかかりすぎます。

自分はタダではありません。手間や時間にもお金が発生していることを忘れてはいけません。

信頼できる会社で有料EAを購入する

MT4有料EA販売サイトのゴゴジャン

有料 EAは信頼できる会社からのみ購入しましょう。

一番の最大手販売サイトは『ゴゴジャン』

2007年から販売開始&みんなのシストレなどにもストラテジー(自動売買プログラム)を提供しています。

開発者のバックテスト&フォワードテストの数字も公開するなど、実績・データどちらも大手らしく十分です。

>>有料EA販売サイト『GogoJungle_ゴゴジャン』へ

MT4有料EA販売サイトのテラス

もう一つは2008年から販売を開始した『テラス』

こちらはバックテストとフォワードテストを一つにした利益率グラフが見やすい。

同じくみんなのシストレにストラテジーを提供するなど、テラスも実績十分です。

>>有料EA販売サイトシステムトレードの『テラス』へ

逆に絶対買ってはいけないのは個人だ。

有料EAのチェックするポイント

  • 運用期間
  • 取引回数1000回以上
  • 最近の成績
  • 最大ドローダウン
  • 開発者

有料EAを購入するときに基本となるのが運用期間と取引回数。

こころデータが少なすぎる場合は回避しましょう。

データが揃っていても最近の調子が悪い&最大ドローダウンが大きすぎるのもおすすめしません。

また開発者が信頼できるかどうかも、プロフィールをチェックして確認しましょう。

有料EAは高価なものが多い分、チェックしすぎるぐらいがちょうどいい。

簡単に自作が行えるFXソフトもある

自作が行えるソフトは他にもある上、MT4みたいにプログラミング技術も必要ありません。

>>MT4を含む開発型自動売買の詳細へ

FX会社 ソフト名 コスト メリット
FXTF MT4 3円~ 日本最狭水準
スプレッド
トライ
オートFX
独自型 23円 リピート型と
選択型も使える
ちょいトレ
FX
独自型 10円 選択型も使える
オアンダ
ジャパン
MT4&MT5 3~12円 オリジナル
分析ツールあり
楽天証券 MT4 5円 大手証券口座で
唯一MT4が使える

インヴァスト証券『トライオートFX』

インヴァスト証券『トライオートFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.3銭 0.5銭 1.0銭
手数料 取引単位 通貨ペア
片道20円 1000通貨 17種類

自作以外も2つの自動売買
  • 設定を決めていくだけで自作可能
  • チャートからも作れる
  • リピート型と選択型自動売買も使える

MT4より簡単に自作できる上、細かく自動売買が作れるのがトライオートFXです。

基本は一つずつ設定を決めていくことで自作可能。

その上、チャートから直感的に作ることもできます。

高機能と簡単さを両立しているソフトじゃ。

\12戦9勝の高い勝率を実現した自動売買/
インヴァスト証券『トライオートFX』の詳細へ

FXプライム byGMO『ちょいトレFX』

FXプライム byGMO『ちょいトレFX』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1銭 3銭 3銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 14種類

自作の簡単さを追求
  • マウス操作で簡単に作れる
  • テクニカル指標を選ぶだけ
  • 選択型自動売買も使える

テクニカル指標を選んでいくだけで簡単に自動売買が作れるのがちょいトレFXです。

さらに完成後のテストが行える上、自動最適化機能も搭載。

適当に作ってもある程度のレベルのものができるようになっています。

MT4より簡単な上、初心者でもそこそこのモノが作れます。

\簡単さと高機能を両立した選択型自動売買/
FXプライム byGMO『ちょいトレFX』の詳細へ

インヴァスト証券『マイメイト』

インヴァスト証券『マイメイト』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
3~5.2銭 4~5.2銭 5~5.9銭
手数料 取引単位 通貨ペア
なし 5000通貨 16種類

AI自動売買を自作
  • 他とは違うAI自動売買
  • AIを一から自作もできる
  • AIは学習していく

マイメイトは他と違い、AIが自動売買してくれる点が大きな違い。

それを一から作成できる上、AIなので初心者が作っても仕上がりがいいのが特徴です。

さらにAIは自主学習と育成で成長までしていきます。

MT4の次に世界を席巻するのはAIになりそうだ。

\AIが進化していく自動売買/
インヴァスト証券『マイメイト』の詳細へ

MT4自動売買におすすめの国内FX会社

MT4を提供している証券会社の中から、サポートや取引環境がおすすめな国内業者を3つ厳選。

FX会社 ソフト名 コスト メリット
FXTF MT4 3円~ 日本最狭水準
スプレッド
楽天証券 MT4 5円 大手証券口座で
唯一MT4が使える
外為
ファイネスト
MT4&MT5 1~11円 スキャルOK
FOREX
EXCHANGE
MT4 6~8円 約定力が最強
オアンダ
ジャパン
MT4&MT5 3~12円 オリジナル
分析ツール
Plus500JP証券 MT4 8~10円 EAプレゼント
アヴァトレード
ジャパン
MT4&MT5 12円 コースが選べる
FOREX.com MT4 14~20円 条件付きで
VPSを提供
JFX MT4
分析のみ
2~19円 スキャルOK

通常口座とMT4口座は別

MT4と通常口座は別

多くのFX会社では通常口座とMT4口座が別となっています。

なかにはまとめて口座開設をできる証券会社もありますが、完全に別物扱いのところもあります。

そういったところでは、MT4口座を開設しないと利用することができませんので注意しましょう。

間違えると二度手間になる。MT4のページから口座開設すれば確実だ

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)『MT4』

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.1銭 0.3銭 0.6銭
手数料 取引単位 通貨ペア
2円~ 1000通貨 30種類

MT4の絶対王者
  • 日本最狭水準スプレッド0.1銭
  • 自動売買系の中では頭一つ抜けた存在
  • EA利用者料がかかる

スプレッドの狭さは他を寄せ付けない圧倒的なレベルです。

EA利用料のコストがかかってしまいますが、それを合わせてもMT4業者の中では頭一つ抜けた存在です。

口座開設数10万を超えるサポート体制も心強い。

国内MT4業者ならFXTFを試さんわけにはイカンぞ。

\日本FX会社No.1水準のスプレッドの狭さ/
FXTF『MT4』の詳細はコチラ

楽天『MT4』

楽天MT4

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.5銭 1.1銭 2銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 24種類

純粋なる国内証券会社
  • MT4系で唯一の純国内業者
  • 大手証券会社
  • 狭いスプレッドの安定度も高い

楽天は国内どころか大手証券会社で唯一MT4が利用できる貴重な業者です。

他は国内とはいえ、海外に本拠地を持つ外資系のグループですが楽天はご存じの通りの日本生まれの会社。

スプレッドも何気に狭く安定していて、安心感と取引環境ではFXTFを上回る魅力があります。

もはや説明不要のブランド力です。

\大手証券口座でMT4が使える/
楽天MT4口座の詳しい解説へ

外為ファイネスト『MT4&MT5』

外為ファイネストMT4

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.1~1.1銭 0.7~1.4銭 1.1~2.2銭
手数料 取引単位 通貨ペア
無料 1000通貨 30種類

瞬間的に上位を超える
  • スプレッドがもの凄く狭くなるときも
  • スキャルピングOK
  • NDD方式だから約定力と透明性がある

スプレッドの変動幅が大きいですが、瞬間的にFXTF並に狭くなることもあります。

スキャルピングOKでNDD方式なので短期売買に強い。

日本ではさらに少ないMT5も利用できます。

MT5をメインに利用するなら外為ファイネストのスプレッドがトップクラスなんだ。

\自動売買によるスキャルピングOK/
外為ファイネストMT4の詳しい解説へ

MT4より簡単な自動売買ソフトもある

MT4も含む自作が行える開発型の他に、自動売買リピート型と選択型もあります。

>>FX自動売買ソフト種類別の解説へ

勝率の怪物のリピート型

リピート型自動売買の勝率

リピート型(リピート系)は設定した一定幅の中でトレードを繰り返す自動売買です。

FX市場の7割は発生する上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場で強さを発揮する。

そのため公式が発表している勝率や利益実績では圧倒的に強いのがリピート型です。

国内業者が提供する自動売買では一番人気。

現在の人気と実績の二冠を達成しているのがリピート型なんだ。

>>二冠達成のリピート系FX自動売買の詳細へ

爆発力がある選択型

選択型の自動売買なら大きく稼ぐことも

選択型はその名の通り、自動売買プログラムを選ぶだけでトレード開始できる簡単なソフトです。

簡単な上に選べるプログラムも圧倒的に多い。

リピート型とは反対にトレンドに強いタイプが多く、ハマったときの爆発力はナンバーワンです。

けれど、外れたときも大負けするので始めやすい反面、扱いが難しいソフトでもあります。

選択型を使うときは複数のプログラムに分散投資するのが基本だ。

>>トレンドに強い選択型自動売買の詳細へ

よくある質問

MT4の自動売買は儲かる?
うまく使えば儲かります。
初心者でも使える?
難しいです。まずは他のソフトから試しましょう。
どれぐらい勉強すれば使いこなせる?
プログラミングを覚え、市場の分析ができるようになれば。一からやるなら数年はかかります。
EAは無料と有料どっちがいい?
どちらも当たり外れがありますが、有料の方が当たり率が高いです。
分析ツールとして使うのもアリ?
アリです。チャートやテクニカルだけでも最強。

プロも使うMT4自動売買の儲からないリスクはEA~おすすめ国内FX会社で解決まとめ

MT4は使いこなせば最強だけど、使いこなすのがかなり難しい。

MT4は自動売買ソフトとしても分析ツールとしても最強。

けれど、特に自動売買は使いこなすのが難しいです。

EAを自作するにはプログラミング技術と相場を読む力が必要。

MT4自動売買はEAが難しい

完成したEAを使うにしても、当たり外れを見極める必要があります。

MT4自動売買に挑戦するなら、他の自動売買を試してからもでも遅くはありません。

MT4自動売買で知っておきたいこと
  • MT4はEAを使って自動売買が行える
  • EAは無料・有料・自作も行える
  • 自作EAはプログラミング技術が必要
  • 無料でも有料EAでも当たり外れがある
  • 使いこなせば最強の自動売買ソフト

自動売買用のFX会社選びは以下の記事を参考にしてください。

>>FX自動売買におすすめの証券会社比較ランキングへ